<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ピアノの発表会

だいぶ時間がたってしまったけれど、ピアノの発表会のことを書いておこう。
今年の春からピアノを始めた3号は、まだ出なくてもいいとは言われていたけれど、本人が出たいと言う。これまで、1号が1人で出ていたころは2号が、2号も出るようになったころは3号が、まだ小さかったから静かにしていられず、私たちも交代で外へ連れ出したりしていたので、落ち着いて演奏を聴くどころではなかったのだけれど、3人とも出るとなるとのーんびり聴いていられる。こりゃいいわいと思って、3号も出ることにしたのだけれど、3号はレッスンは大好きなくせに家での練習は大嫌い。たまにみてあげようと思っても、もうやだーとすぐにやめてしまう。やる曲は「♪レレドドレレレ、ドドシシドドド」の「いちばんぼし」と「♪ドドドレミミレードミレレドー、ラララシドドシーラドシシラー」の「つきのひかり」だけなのに、ドの位置も間違えちゃう体たらく。これじゃちょっとカッコ悪いなと思っていたら、2号が先生役を買って出て、直前特訓をやってくれた。そのかいあってか、なんとか本番も無事に演奏することができた。3号も楽しそうだったし、褒められて嬉しそうだったし、いい経験になったみたい。
2号は、3号ほどじゃないけれど、やっぱり家での練習はあんまり好きじゃない。なので、最初に先生に曲をもらったときは、こんなに難しいのでは練習しないからできないかもと心配だったけれど、先生もちゃんとわかってて選んでくれたようで、発表会のころには上手く弾けるようになっていた。ノリのいい2号は明るい曲調の部分は弾むように弾いていて、それがよかったのか、友達のお母さんたちからは「すごく上手になったねー!」とずいぶん褒められた。2号の先生は「間違えたって、楽しくできればいいんだよ」といつも言ってくれる。その言葉どおり、2号はちょっと間違えても楽しくできたのでハナマルだね。
1号は、もともと先生に言われたとおりに練習をしていたのが、少し弾けるようになってきてピアノの楽しさがわかってきたので、前よりも練習をするようになった。発表会でやる2曲のうち、1曲は自分で選んだ「となりのトトロ」だったし、もう1曲も好きな曲だと言って、頑張って練習していた。その甲斐あって、トトロは一度先生にあんまり難しいようだったら連弾にしようと言われていたのに、これだけ弾ければ大丈夫と1人で弾くことになった。本番では少し緊張してしまった1号だけど、緊張のせいで丁寧に弾いていたのでかえってよかった。ちょっと間違えたところもあったけれど、本人も満足な出来だったみたい。
うちのこどもたちの出番が終わってしばらくした頃、上級生や先生の演奏を聴くために、先に演奏を終えた低学年の子たちが客席に出てきた。上手な演奏を聴くことはいいことだし、それがよく知っている身近な人たちであればなおのこと目標としやすい、という先生方の配慮だろう。が、うちのこどもたちはと言うと、2号はときどき隣の友達と遊んだりおしゃべりしたりしているし、3号なんて爆睡して椅子から転げ落ちそうになって先生に支えられていた。1号は静かに聴いていたけど、後で聞いたらちょっと眠くなったなんて言ってたし、先生方の期待するほどの効果はなかったみたい。でも、3人ともピアノが好きでこれからも続けるみたいだからよしとしよう。

そうそう、書き忘れていたけれど、今月は2号のダンスの発表会もあった。頑張ってとても上手にできていたし、こちらはお姉さんたちの上手なダンスを見て刺激になったようで、あのお姉さんたちみたいに踊れるようにこれからも続けるとのことだった。
[PR]
by roki204 | 2010-12-28 22:59 | こどもたち

太陽の色

こども3号は、朝、なかなか起きられない。布団から引っ張り出して、抱っこしてリビングに連れてきても、ひざかけにくるまって眠ってしまう。その状態でしばらく待ち、もう一度起こすと、やっと文句を言いながら目を覚ます。で、目が覚めると、今度は急に元気になり、ぺらぺらしゃべりまくる。
そんな3号が、めずらしく静かだった。食卓についているのにご飯を食べず、ぼーっと窓の外を見ている。まだ眠いのかなと思いながら、どうしたのかと聞いたら、にこっとして

「この色が好きだから見てるの」

外は、少し黄色っぽいような色をしていた。その数分前、3号は私がカーテンを開けた瞬間に

「あ、夕方だ!」

と言ったのだけれど、低い太陽の光の色をそう表現したのだろう。
3号の隣へ行き、一緒に窓の外を見た。この色が好きなの?

「うん」

きれいだね、光の色だね、と私が言ったら

「うん。でも本当は太陽の色でしょ」

うん、そうだね。
後でばあばに聞いたら、前日に「今日は雨だけど、明日は晴れるよ」とばあばが言ったら、3号は「じゃあ、ぼく、早起きして、外に出て、見てみるよ」と言っていたそうだから、それを覚えていたのかもしれない。早起きはしてくれなかったけど(笑)
私が遅刻だ~とあわてて家を出た頃には、光はもう透き通った色に変わってきていた。

おまけ。3号が私に「ピアノを教えてくれたお礼」と言ってくれた絵。お仕事をしているママ。
f0063923_2304781.jpg

[PR]
by roki204 | 2010-12-16 23:02 | こども3号

しりとり

めずらしくこども2号、3号、私の3人で出かけた帰りの車の中で、2号が

「つまんないから、しりとりをしよう!」

と言い出した。よし、やろうやろう。
しりとり→りす→すいか…と、始めのうちは調子よく進んだけれど、まだ語彙の少ない2人のことだから、だんだんおかしくなってきた。
2号が意味不明の言葉を言うので、それ何?と聞くと、

「自分の名前を反対から言ったの」

そういうのもあり?まあ、いっか。
で、3号はもっとひどい。

「ちりもつもれば山となる」
「るりもはりも照らせば光る」

など、かるたの言葉(っていうか文だけど)はいいとしても、

「か」だったら「かんもく!」
「り」だったら「りんもく!」
「じ」だったら「じんもく!」

何でも「んもく」をつけただけ。2号と私で「みんなが知ってる言葉にして」と言ったがおかまいなし。続かなくなっても困るので、まあ、いっかとそのまま続ける。
そんなことをしているうちに、家に到着。

「もう着いちゃったの?しりとりやってたから早かったね!」

と2号はびっくりしていたけれど、ママはあなたたち2人とで40分もしりとりを続けられたことにびっくりだったよ。
[PR]
by roki204 | 2010-12-16 22:40 | こどもたち

行方不明の粘土板

こども1号と2号が翌日の粘土板の受け渡しについて話し合っていた。

「休み時間に2号ちゃんの教室に取りに行くからね」

「え?いつ?どこ?」

「だから~…」

なんとなく話がまとまらないので、休み時間じゃなくて、朝学校に行ったときに、最初に2人で2号の教室に行って、そこで1号が粘土板を受け取ってから自分の教室に行けばいいんじゃないのかと私が助言。うん、そうしよう、と2人。

状況が飲み込めない夫は、2人に聞いた。

「粘土板は2人とも持っていたでしょ。今は1枚しかないの?2号ちゃんが失くしたの?」

そんなことを言われるなんて心外だ、という表情で、2号は黙っている。

「2号ちゃんが失くしたんじゃないの?じゃあ、1号ちゃん?」

違うよ、今2号ちゃんが持っているのがうちのだよ、と1号。

「じゃあ、やっぱり2号ちゃんが失くしたの?どうなの?」

2号はますます不愉快そうな顔をするだけで、やっぱり何も言わない。なので、しかたなく私から夫に説明した。2号が失くしたんじゃなくて、粘土板がなくなったんだよ。
2号は、ママの言うとおり!って顔をしていた。

で、粘土板はいまだに行方不明。あんな大きなもの、なんでなくなるんだろうね、2号ちゃん。
[PR]
by roki204 | 2010-12-13 23:36 | 家族