<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リムスキー・コルサコフのいもむしの歌

オーケストラをやっている人たちの間では、いつ誰が考えたのかわからないが、クラシックの曲に適当な歌詞をつけたものが語り継がれている。演奏中に思い出し笑いしちゃったら吹けなくなっちゃうから困るなあというようなものもあれば、難しいところに歌詞をつけることでやりやすくしている場合もある。クラシック好きの夫(聴くの専門)はそういうのが嫌いなので、私もオケをやめてからは話題にすることはなかったのだけれど。

こどもたちが通う保育園では、3月の発表会に向けて練習が始まった。
こども2号は年長なので、今年はアンサンブルがある。これまではクラシックの中でもわりとよく耳にする「威風堂々」などをやっていたのが、1号が年長だった2年前にやった曲はテレビドラマのテーマ曲で、去年はトトロ。なので、今年もクラシックではないのかなーなんて思いながら、2号に何の曲をやるのか聞いてみた。すると2号は、こういうのだよって歌ってくれた。
♪ いもむし いもむし いもむし きみどり
  いもむし いもむし いもむし きみどり
  さなぎになったら 小さくなった さなぎになったら 小さくなった
  ちょうちょになるには ちょうちょになるには
  ちょうちょになるには まだまだ早い

のどかでかわいらしい、おもしろい歌だけど、聞いたことのない曲。『はらぺこあおむむし』のような絵本か何かを題材にした歌なのかな?いずれにしろ、今年もクラシックではないのね。
・・・と、思っていたのだけれど、歌っていたのとは別の部分をピアノで練習しているのを聞いていたら、どう考えても「シェエラザード」にしか聞こえない。そこで、CDを2号に聴かせてみたら、にっこりして「♪ いもむし いもむし・・・」と歌いだした。
この部分、オケの人たちとは「酔っ払った 酔っ払った 酔っ払った げろげろ」と歌っていたのだけれど、2号がCDに合わせて歌うのを聴いてみると、「いもむし」がなんともぴったり合っているのだ。はじめに聴いたときのような「のどかでかわいらしい」というようなものではなく、いもむしも必死で、厳しい環境のなかで生き抜こうとしている緊迫感が感じられる壮大なドラマのように聴こえるけれど。
2号に、これはママの大好きな曲だよと言ったら、嬉しそうにしていた。アンサンブルをやるのがますます楽しくなったようで、毎日ピアノで練習している。私も発表会がますます楽しみになってきた。
[PR]
by roki204 | 2010-01-27 21:10 | こども2号

貝を拾いに

休みの日に夫が仕事で出かけてしまうと、なんとなく、お父さんと遊べないこどもたちと、こどもたちと遊べない夫のために、いつもよりもこどもたちを楽しませるようなことをやってあげたくなる。
昨日も夫が仕事だった。こどもたちに、今日は何をしたい?と聞くと、「海に行って、貝を拾いたい!」
海は寒そうだから嫌だなあと思ったのだけれど、昨日はそれほど寒くなかったし、じゃあ行くか、ということになった。
f0063923_029134.jpg

さっさと走っていくこどもたち。
おーい、海に入っちゃダメだよー。服を濡らしたら、すぐにうちに帰るからねー。と私が言ったからというわけでもなく、波打ち際よりも乾いているところのほうが貝がたくさん落ちていたので、乾いているところをあちこち歩き回りながら貝を拾い集めた。
ふと、3号が拾ったものを見ると、丸くて、平べったくて、花のような模様がついている。ウニの仲間で、名前は何ていうんだっけ?と思っていたら、
「あー、お花だー!ほしいー!」
と、1号も2号も大騒ぎ。よく見ると、3号が拾ったなかにもう一つ同じものがあったので、3号は気前よく1号にあげた。
そうなると、2号にも見つけてあげないとかわいそうなのだが、なかなか見つからない。困ったなあと思っていたら、なんのことはない、波打ち際のほうにはたくさんあった。薄くて割れているものも多かったけれど、ちゃんとみんな丸くて割れていないものを拾うことができた。
f0063923_0444869.jpg

帰ってきてから調べたら、ヨツアナカシパンというものらしい。
さて、バケツに入りきらないほどの貝を拾って、これをどうするのと聞くと、穴の開いた貝には紐を通してネックレスを作りたいという1号と2号。なら、紐を買おうと入った店に、ボンドや板もあった。ねえねえ、こういう板にボンドで貝を貼り付けたらどう?と提案すると、やる!とこどもたち。余計なことを言ってしまったために、余計な出費。でも、こんなかわいらしい作品ができた。
f0063923_05073.jpg

なかなか楽しい1日だったので、今度は夫も一緒に行けたらいいのだけれど、山ほど残っている貝のことを考えると、バケツは持っていかないことにしたいな。
[PR]
by roki204 | 2010-01-26 01:00 | こどもたち

おまもり

急な腹痛で私が寝ていたとき、こども1号が作ってくれたのがこれ。
f0063923_1592370.jpg

手作りのおまもり。中には「早くよくなってね」という手紙が入っていた。

「会社に持っていって、会社の人に見せてもいいよ」

と言うので、翌日持って行って、「あの~、これ、うちの子が見せてもいいよって言ってたんで、ちょっと見てもらえますか?」とか言って、みんなに見せびらかした。もちろん、みんな「かわいい~!」、「センスがいいね」と絶賛。そのことを1号に話すと、得意気に、でも、ちょっと恥ずかしそうに微笑んでいた。

そのまた翌日、まだ胃の調子が良くないなんてことを言っていたら、

「おまもり、効かなかった?」

と、1号に聞かれた。ううん、効いたよ、でもまだちょっとねと答えると、

「おまもりがなかったら、もっと痛かったってこと?」

そうだよと言ったら、1号は得意気に、でも、ちょっと恥ずかしそうに微笑んでいた。
[PR]
by roki204 | 2010-01-22 02:07 | こども1号

シンガーソングライター

こどもたちがあちこちからもらったお年玉、原則的には貯金しておくのだけれど、自分たちでほしいものを買いたいだろうから、少しお小遣いとしてあげることにしたら、喜んだこども3号が歌いだした。
♪お~こづかい おこづかい~
 おこづかい おこづかい
 お~こづ~かい~

ママも歌ってと言うので、真似して歌うと

「素敵な歌でしょ。続き知ってる?」

3号が即興で作った歌なのだから、知っているわけがない。知らないよと答えると、続きを歌ってくれた。
♪お~こづ~かい~が貯まったよ~

「3号の歌、素晴らしいでしょ」

はい、素晴らしいです。
[PR]
by roki204 | 2010-01-05 20:15 | こども3号

ハナ大好き

jukaliさんの家から帰ってきた日の夜、もう寝る時間だからと布団に入ったこども2号が泣き出した。どうしたのかと思ったら、

「ハナがいいって、悲しくなっちゃったの」

ハナはjukaliさんちの犬の名前。ハナに久しぶりに会ったとき、はじめは緊張気味だったが滞在中にすっかり仲良くなり、2号はとてもかわいがっていたのだ。前夜も2号がずっとハナをなでて寝かしたりしていたので、恋しくなってしまったのだろう。本当に悲しそうに泣き続けている。
なので、そんなに悲しくなるのはハナと仲良くなれたっていう証拠だからよかったね、せっかく仲良くなれたんだから、会えなくて悲しいってことより一緒に遊んで楽しかったってことを考えようよ、となだめた。すると、

「うん、これからは、これがハナの代わり」

と言って犬のぬいぐるみを抱きしめた。おー、そうかそうか、そんなにハナが好きなのか、と思ったのだが、そばで聞いていた1号に「だから今日は犬のぬいぐるみと一緒に寝るんだね」と言われると、

「ううん、イルカがみつからなかったから」

と、おとぼけちゃんな2号。そんなんでも、ハナが恋しいという気持ちはもちろん本物だけど。
その後、3号にいつものお話をしてくれと頼まれたので、3号がシンケンゴールドに変身して外道衆をやっつける話をしたのだが、ちょっと2号にもサービスして、2号や1号、jukaliさんのこどもたちやハナも登場させ、みんなはシンケンジャーに変身、ハナは「犬折神」ということにした。2号は嬉しそうに

「2号はシンケンピンクで、犬折神のハナに乗って外道衆をやっつけるのね」

と言っていた。
翌日になっても、犬のぬいぐるみに「ハナ」と呼びかけ、持ち歩いていた2号。この熱が冷めないうちに、またハナに会いに行きたいね。
[PR]
by roki204 | 2010-01-05 20:12 | こども2号