最近のこどもたちの言葉から

こども3号がよく使うようになったのは

「いとかんがえた」

「いいこと考えた」が縮まったものだけど、何かおもしろいものを見つけて、それを使いたい、遊びたい、というときに使う言葉なので、たいてい後に続くのは「これなあに? つかっていい?」。そして、3号にとっての「いいこと」は、たいていの場合、私にとってはあんまりいいことではない。折りたたみの椅子とかなんとか、危なくて使わせることができないようなものばかり。危ないからダメだよと言うと、わりとあっさり「まーいっか」と引き下がってくれるのでいいのだが。


2号が食事中に言っていたのは

「ジャコビ、じゃなくて・・・ジャコパス、でもなくて、えーっと・・・あ、麦茶とって!」

なんで麦茶がジャコビやジャコパスになるんですか???
小さい「ゃ」しか合ってないじゃん・・・ヽ(;´Д`)ノ


私が漢字の読み方を夫に聞いた後、「でも、あんまり当てにならないからなあ」と言ったのを聞いていた1号がぼそっと一言。

「当てにならない? 役に立たないってことか」

そんな難しい言葉の意味も知っていたっていうのは感心だけど、お父さんのことをそんなふうに言って納得してちゃまずいんじゃないだろうか。
[PR]
by roki204 | 2008-11-02 01:16 | こどもたち
<< 芸術の秋 思い出し笑い >>