トックリバチ

うちの車庫の天井にハチが巣を作った。
少し大きめのハチで、作り始めたばかりの巣をよく見てみると、あの小さな部屋に分かれたいかにもハチの巣っていうタイプのものではなくて、丸い形を作ろうとしているようだ。まだ小さくてよくわからないけれど、このままどんどん大きくなったところを想像すると、スズメバチの巣みたいになりそうな気もする。そういえば、ちらっと見たハチの姿はスズメバチに似ていなくもなかったような・・・。
「昔から、家にハチが巣を作るのは良いしるしだっていうのよね」などとばあばはのん気なことを言っているが、ちょっと心配。こどもたちには、ハチに近寄らないように、いじめないようにと言い含めたが、わかっているのかいないのか。とにかく様子を見ることにした。

そして数日後。
f0063923_23483893.jpg

どうやら巣は完成したらしい。で、どうやらスズメバチではないらしい。この写真ではわかりにくいけれど、まるで徳利みたい、というわけで、これはきっとトックリバチだろうと思い当たった。
図鑑やネットで調べてみると、大きさ10~15mmとあるのに、うちのハチはそれよりも大きい。でも、巣の形は同じなので、トックリバチの仲間なのだろう。
トックリバチはスズメバチ科ドロバチ亜科と分類されるようだ。私が心配になってしまったのも無理はないというような、いかにも刺すぞ!って雰囲気の姿だけれど、めったに人を刺すことはないそうなので一安心。それに、親のハチは巣に1個卵を産むと、後は育てることはないので、親がうろつくこともないし、出てくるハチも1匹だけ。ますます安心。
でも、この巣には、親のハチが産まれてくる子どものために用意した餌がぎっしりと詰まっているらしい。その餌というのは、ガの幼虫。しかも、幼虫は殺さずに麻酔で仮死状態にしてあるそうだ。

巣を見上げながら、中の状態や卵が孵ってからのことはあんまり想像したくないなあと思う。
でも、子どもに新鮮でおいしいものを食べさせたいという親心には共感できるので、無事に子どもが巣立つまで、何をするというわけでもないけれど見守っていこう。
[PR]
by roki204 | 2008-06-23 23:48 | ひとりごと
<< しりとり 25周年のTDL >>