こども2号の言葉

保育園では手紙のやりとりが流行っている。こども2号もだいぶひらがなが書けるようになってきたので、毎日、嬉しそうに2、3通書いて持っていっている。その文面が、なぜかいつも

「おたんじょうびおめでとう」

誕生日でなくてもおかまいなし。しかも、2号が書くと

「おたんようひおのてとう」

となっている。

「『め』が難しいから『の』になっちゃうの」

こういうところもおかまいなし。さすが2号。

こないだの夕食のときには、2号がちょっとお行儀の悪いことをしたので1号が注意した。自分が悪かったことも、1号が正しいこともわかっちゃいるけれど、そのままですますのはおもしろくない、と思った2号が言った。

「そんなこと言うなんて、1号ちゃんはお母さんみたい。でも1号ちゃんがお母さんなんて、おかしいよね。だって、1号ちゃんはまだ娘なんだもん」

( ゜з゜):;*.':; 娘?!
「大人になっても、娘は娘なのにね。ママだって、おばあちゃんの娘だよね」と1号もくすくす笑っている。すると、2号はすました顔して

「何かご存知ですか?」

大人ぶって、もっともらしい顔して、もっともらしいことを言いたかったんだろうな。いいせんいってたんだけど、ちょっとおしかったね。
[PR]
by roki204 | 2008-06-09 17:29 | こども2号
<< こども3号の言葉 九十九里浜 >>