車社会

千葉では車の運転が荒いとよく言われている。私の知り合いは他県でスピード違反か何かをしたときに、警察に「ここは千葉県じゃないんだぞ!」って怒られたとか。
運転が荒いせいか千葉県では交通事故が多い。2005年度の交通事故死者数は全国で3位。私も小さい事故ならしょっちゅう見かける。
私は車の運転が好きではないし、あまり上手でもない。だから、なるべくなら運転したくない。けれど、このあたりでは車を使わなくては生活できない。スーパーも病院も公園も歩いて行けるところにはない。最寄り駅までは車で10分以上かかるうえに、駐車場はないし、電車も1時間に1、2本だから、通勤も車だ。
東京に近い都市部はともかく、県内にはそういうところが多い。だから、運転が嫌いだろうと、下手だろうと、体調が悪かろうと、車を運転しないわけにいかない。こういうのも交通事故を増やす原因になっているんじゃないかと思う。

こんなところに住んでいるので、出かけるときはほとんど車で行く。歩いて行くのは散歩のときだけ。こどもがまだ1号しかいなかったときは電車で出かけたことも何度かあったけれど、2号も生まれてからは、ますます電車が面倒になり、不便でもあるから、いつも車を使っている。なので、2号が初めて乗った公共交通機関は2歳2ヶ月のときに乗った飛行機。電車・バス・地下鉄・路面電車はそのときに行ったドイツとオーストリアで乗っただけで、日本ではいまだに乗ったことがない。
こないだこども1号が信号の話をしていたときに「赤だと車は止まって、歩いている人は通っていいんだよね」と言い出した。歩いて横断歩道を渡ったことがほとんどなく、いつも車から信号を見ているだけなので、勘違いしていたようだ。車も歩行者も前にある信号を見て、青なら進んでいい、赤なら止まるということを説明したが、ちゃんとわかってくれただろうか。

オーストリアのウィーンでは、地下鉄も路面電車も子連れだから利用しにくいということはなかったし、網の目のように通っているので、とても便利で使いやすかった。ウィーンのような大都市のように、とはいかないだろうけれど、うちのあたりも路面電車があればいいのにと思う。公共交通機関を使えば行きたい所に行けるように整備することは、環境のためにも、車を運転できない人のためにも、私のように運転が苦手な人のためにも必要なことだと思う。
[PR]
by roki204 | 2006-03-03 12:47 | 千葉のあれこれ
<< 「こども」と「孫」の違い おなかの中で >>