チャイルドシート

車に乗るとき、だいぶ背が伸びてきたのでジュニアシートを使わなくなったこども1号も、ジュニアシートを使っている2号も、自分で着脱できる。ごついチャイルドシートを使っている3号だけは、自分でベルトをはずすことができない。こどもが自分ではずせるようでは危険だから当たり前だ。
車を停めると、1号も2号もさっさとベルトをはずして降りてしまう。3号だけが「はずして~!」とジタバタ。前に座っている私が行ってはずすまで待っていればいいことなのだが、お姉ちゃんたち2人が先に降りてしまうのが嫌なのだろう。「2号ちゃん、はずして!」と無茶なことを言う。
2号にだって、もちろんはずせないのだが、3号は納得しない。なので、2号もできないことはわかっていながらやってみせる。そのやり方というのが…

(;`皿´) ふんにゅくにゅくにゅくにゅく

と、すごい形相と奇妙な掛け声で、力いっぱいベルトのボタンを押す、というもの。そして、「あ~あ、やっぱりはずせないねえ」とニッコリ。
3号はこれがすっかり気に入ってしまい、最近では車を停めると「はずして」ではなく、

「ふんにゅくにゅく、やって~」

と2号に頼んでいる。
[PR]
by roki204 | 2009-02-23 23:02 | こどもたち
<< ピーターラビット こどもたちから見たママ >>