<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

チョコレート

こども1号と2号がチョコレートを作ると言い出した。お父さんと3号とじいじにあげたいのだ、と。
それはいいことだけれども、スーパーで買い物中にいきなり言われてもなあ。とにかく見てみようとチョコレートのコーナーへ。手作り用の材料や道具などもちゃんとそろっている。うん、これならなんとかなりそう。
1号と2号は、ハート型のアルミカップにチョコを入れて、飾りつけをしたいというので、3号が選んだカップとクーベルチュールチョコとチョコペンなどの飾りつけ用のものを買って帰った。
で、私は、溶かしてカップに流し込めばいいんでしょ、簡単、簡単♪と思っていたのだけれど、よく見てみると「テンパリングが必要」と書いてある。温度調節をしなくちゃいけないってことらしい。まずは湯せんで溶かして、そのあと○○度まで温度を下げ、それから△△度まで温度を上げ、××度を保ったまま作る…とかなんとか(何度だったか、もう忘れちゃった)。えー、そんなの知らなかったよー。だいたいでいいのかなーと思ったけど、温度計がないと難しい、失敗するとチョコが固まらない、なんてことまで書いてある。温度計はないし、体温計を使うわけにもいかないし、やっぱりだいたいでやるしかないか。というわけで、おそるおそる始めてみた。
1号と2号がチョコレートを細かく刻み、ボールに入れた。そして湯せんで溶かす。溶かすのはいいとして、温度を下げるのもまあいいとして、そのあと温度を上げるのが問題だ。□□度以上になったらやり直ししなきゃならないというので、上げすぎないように気をつけていたら、どんどんチョコが固まってきた。失敗したら固まらないって書いてあったけど、これは固まってきたんだから成功?なんて思わないでもなかったけれど、ボールの中で固まってしまってはまずい。もう少し温度を上げて柔らかくして、カップに入れることに。でも、やっぱり温度上げすぎになっちゃうのがこわくて控えめにしたので、トロ~ンって感じではなく、ボテッて感じ。こどもたちもやりにくそう。
そして飾りつけ。チョコが固まりきらないうちにやりたかったのに、あっという間に固まってしまったので、アラザンもチョコスプレーもチョコにつっくかず、バラバラと散らばってしまった。おまけに、せっかく1号と2号がチョコペンで模様を描いた上から、3号がアラザンとチョコスプレーをぶちまけたので、やけに派手なチョコレートのできあがり。
f0063923_0514166.jpg

成功とは言い難い出来栄えだったけれど、1号2号は楽しく作れたし(3号もちょっと手伝って楽しんでいた)、受け取った夫も3号もじいじも喜んでいたし、味は見た目よりもよかったので、よしとしよう。でも、来年はテンパリングの必要のないチョコを使いたいな。
[PR]
by roki204 | 2011-02-15 00:56 | 家族