<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シロメイ・ワインのお店

長い九十九里浜の真ん中あたりからちょっと内陸に入ったところ、山武市成東にクラシックワイン有限会社という会社がある。
門から入ると大きな倉庫があって、その1階に小さな販売店があるだけ。あまり目立たず、たぶんあまり知られていないんじゃないかと思われる会社だけれど、実は「オーストラリア産のシロメイ・ワインの日本国内唯一の独占輸入・販売業者」なのだ。
でも、ここでの販売はほんのついでにやっているという程度らしく、営業時間は平日の10時から16時という、役所よりもひどい商売っ気のなさ(笑)。ネットでも買えるのでそちらを利用するほうが便利なのだろうが、私はここで買うのが好きで、休みが取れたときなど機会を見つけては行っている。
お店は営業時間でも店員さんはいなくて、ドアには鍵がかかっている。インターホンで呼び出すと、すぐに女性の店員さんが1人か2人出てきてドアを開けてくれる。小さい店内に並べられているのは10種類くらいだが、それでもやっぱり迷ってしまう。

「今日はどういうものをお探しですか?」

声をかけてくれるので、赤で重ためのがいいんだけどおすすめはあるかなどと聞くと、

「そうですね~、これなんかおいしいですよ。私たちはこれが好きなのよね」

なんて教えてくれる。そして、

「ちょっと待ってくださいね。もっと詳しい人を呼んでくるから」

となる。
前に行ったときに出てきた「詳しい人」は女性だった。どんな味が好みか、普段はどこの国のワインを飲んでいるのかなどを答えると、おすすめワインを教えてくれた。それがすごくおいしくて、また同じワインを買いに行ってしまったほど好みにぴったり合っていたのだから、たいしたものだと思う。
そして今回の「詳しい人」は若い男性。すっきり辛口の白がいいと言うと、それならシャルドネがいいとのアドバイス。ちょうどセールでお安くなっていますと女性店員さん。なんと1000円。

「えっ、1000円!?なんでこれが!?売れ残りの在庫処分だから?これ、絶対お買い得ですよ」

と「詳しい人」に言われて、買わないわけにはいかない。さらに彼は

「このカベルネ・ソーヴィニヨンもいいですよ。安くなってるし」

と言い、私が夫の好きなブドウだと言い終わらないうちに、「じゃあこれも」をレジに置いてしまった。
なんかこのノリ、“輸入ワインの販売店”ということからイメージするような気取ったところが全然なくて、まるで直売所で農家のおじちゃん・おばちゃんから野菜を買ってるみたいなのよね。このやりとりが楽しくて、ネットは使わず、直接買いにいくことにしている。もちろん、おしいというのも重要なポイント。
平日の昼間、成東に行く機会のある人はあんまりいないと思うけれど、おすすめのお店です。
[PR]
by roki204 | 2009-07-25 22:32 | 千葉のあれこれ

ゾウの夢

こども2号が夢のことを話してくれた。

「2号がまだ小さかったとき、4歳くらいのときに夢をみたの。2号が『ゾウ、ゾウ』って言ってたら、ママが『ゾウゾウ言ってるばっかりじゃ、なんだかわからないでしょ!』って怒って、2号は泣いてたんだけど、朝、目が覚めたら、ママが『ゾウの夢みたの?ゾウが好きなの?』って言ってたの」

何の脈絡もなく唐突に話し始めた不思議な夢の話。「ゾウゾウ言ってるばっかりじゃ…」っていかにも私が言いそうなことだけれど、実際は「夢をみたの?」なんて言っていたようで(私は覚えていない)ホッとしたりもして。
で、なんで夢の中で「ゾウ、ゾウ」って言っていたのかってことは、「2号はまだ小さかったから」と言うばかりで、なんだかわからないままである。
[PR]
by roki204 | 2009-07-23 23:25 | こども2号

実にそのとおり

うちのこどもたちは添い寝をしないと眠れない。3歳になったばかりの3号はしょうがないとしても、6歳の2号、ましてや8歳の1号は、そろそろ夫や私がいなくても寝られるようになってほしいのだけれど、いつも「ちゃんと寝るまでいてね」と言う。
そうは言っても、ママだってやらなきゃならないことも、やりたいことも、いっぱいあるんだよ。少しの間なら一緒に寝ててもいいけど、そのままママも眠っちゃって起きられなかったりもするし、起きられたとしても、一度寝てから起きるとすごく疲れちゃうんだよ。なんて言ってみる。
「なんで疲れるの?」と聞く1号に、やってみればわかるよ、と答えた。すると1号、

「ああ、そうだね。1号も大人になって、こどもが生まれて一緒に寝てあげたりするようになると、『ああ、あの頃、母が言っていたことはそのとおりだった、ああ実にそのとおりだった』と思うんだよね」

そんな芝居がかった口調をどこで覚えたのか知らないが、そこまでわかっているのなら、添い寝なしでも寝られるようになってほしいものだ。
[PR]
by roki204 | 2009-07-23 23:18 | こども1号

ディズニーランド

朝、保育園ではクラシック音楽が流れている。音楽好きなこども3号には何の曲か教えてあげるけれど・・・
「マイスタージンガーだよ」
「モンスターズインク?」
言われてみれば、確かに似ている。

というわけで、最近、モンスターズインクがお気に入りのこどもたちを連れて、ディズニーランドに行ってきた。お気に入りと言っても、怖がりなうちのこどもたちはモンスターズインクの新アトラクションなんて、絶対乗れないんだけどね。それでも日々成長するこどもたち、今回も「初めて」がいろいろあった。
一つは、サインをもらうこと。ずっと前にミッキーたちにサインをもらっている人がいたのを見たことがあって、それを思い出した2号がもらいたいと言い出した。そんなにほしいならとサイン帳も買い、張り切って歩いていくと、シンデレラ発見! ところが、こどもたちはちっとも前へ進もうとしない。「ママ、もらってきて」って、なんでよ~。結局、私がもらってくるはめに。こどもたちは喜んでいたのでいいんだけどね。
そして、トム・ソーヤー島にも初上陸(私は約20年ぶり!)。かなりおもしろがって遊んでいた。アイスでつらなかったら、いつまでも戻りたがらなかったかも。
夫が前から乗りたがっていたティーカップも、1号と2号を乗せてみたら気に入ってしまい、2回乗った後にも「もう1回!」
私はティーカップには乗らず、「電車に乗りたい」と言う3号とウェスタンリバー鉄道へ。最後の恐竜のところで怖がっちゃうかなと心配していたら、その前に爆睡。
ジャングル・クルーズは4年くらい前に乗ったときに大泣きされてしまったけれど、再挑戦。普段はこどもたちの夢を壊すようなことは言わないけれど、このときは特別。あれはみんな人形だよ、機械で動いてるだけ、こっちには来ないよ等々。おかげで怖がらずに乗れた。おもしろがっている様子もなかったけれど、後になって「お兄さん、こんなこと言ってたね」なんて笑ってたところを見ると、けっこう気に入ったのかも。
大量の水を使うショー、クール・ザ・ヒートも初観賞。うしろのほうで見たので私たちは濡れなかったけれど、容赦なく水が飛んできて、前のほうは水浸し。あんなにすごいものとは思わなかった、後ろのほうにいてよかったねと夫と私。次は前のほうで見たい!とこどもたち。いや、それはちょっと・・・。

夏休み直前の日曜日に行ったので、夫の狙い通り空いていて、いろんな初めてもあって、目いっぱい遊んで楽しんで。でも、もう十分、なんてこどもは思わないよね。「まだ帰りたくない!」というこどもたちを翌日の学校・保育園・仕事に備えて無理やり連れて帰った。
霧吹きつきの小さい扇風機も買ったことだし(高かったのに3つも・・・)、夏が終わる前にもう1回行きたいね。
[PR]
by roki204 | 2009-07-17 00:58 | 家族

オリーブ

うちの庭にオリーブの木が1本ある。植えたのは、たぶん引っ越してきてからまだ間もない頃、7年くらい前のことだったと思う。一つの品種では実がならないので、2品種以上を一緒に植えたほうがいいのは知っていたけれど、まずは1本と思って植えた。
特に何も世話をせず、虫がついたときに取るくらい(たぶんスズメガの幼虫。いかにも「いもむし」という風貌の大きなもので、しかもたくさんいるので、かなりおぞましい・・・)。そんないい加減なやり方だったのに、順調にすくすくと育ち、私の予想をはるかに超えて大きくなった。
そうなると、もう1本別の品種を、というのも難しくなってしまう。実を採りたいのになあ、でも植える場所がないからあきらめなくちゃならないかなあ、と考えていたら、こんなものを見つけた。
f0063923_23571926.jpg

小さな実が一つだけ。1本では実は絶対にならないのかと思っていたけれど、なりにくいということだったみたい。たった一つだけれど、なんだか嬉しい。
ほかにもないかな~と探していて、もう一つあった!と思いきや・・・
f0063923_23581097.jpg

とてもきれいな色のクモ。
調べてみたら、サツマノミダマシというクモだった。名前の由来は「サツマの実騙し」だそう。サツマの実はハゼの実のこと。確かにハゼの実によく似ている。でも私は「オリーブノミダマシ」って呼ぶことにしよう。
[PR]
by roki204 | 2009-07-14 23:58 | ひとりごと

とっくりの正体

林の中を歩き回っていたとき、大きなスズメバチに遭遇した。そーっとその場を離れたので攻撃されることもなかったけれど、こういうこともあるんだからスズメバチのことをもっとちゃんと知っておかないと・・・と思い、ネットで調べた。
へー、なるほどねーなんて思いながら読んでいたとき、ある写真に目が釘付けになった。コガタスズメバチの初期の巣の写真だったのだけれど、うちの車庫の天井にあるものとそっくりだったのだ。
f0063923_23251687.jpg

まるでとっくりみたいな見事な形。去年も車庫の中に作ってあって、私はトックリバチの巣と思い込んでいた。今年のものは去年のよりも色が白く、とっくりの首も長く、とっくりというより一輪挿しと言ったほうがいいかもしれない。去年も今年も、もっと古い巣も、この状態のまま大きくなることもなく、ハチもやがて来なくなった。そのせいもあって、幼虫を育てることはしないトックリバチだろうと思ってしまったのだ。それが、あろうことか、スズメバチだったとは。
実は、ちょっと前に行った炭焼き小屋にも同じものがあった。そこを管理する団体の人が「あれはスズメバチの巣じゃないか」と言っていたとき、私は「うちにも同じものがあるけれど、あのまま大きくならないし、ハチも来なくなったし、大丈夫じゃないかな」と言ってしまったのだ。これはまずい。もう働き蜂が羽化する頃だ。巣が大きくなっていたら大変なことになる。そう思って慌てて見に行ったら、幸い、そこの巣も放棄したらしく、ハチは見当たらなかった。だいたい、ハチって煙を嫌がるものだし、防虫にも使う木酢液だって置いてあったのに、そんなとこに巣を作ろうとするのがおかしいと思うけど。

うちの車庫の巣を取ってみたら、薄くて和紙のような感じだった。そして、中には普通の蜂の巣がちゃんとあり、幼虫の死骸のようなものもあった。
これだけのものを女王蜂が一匹で作るのだから、そう簡単なことでもないだろうに、この段階で巣を放棄してしまうことは、わりとよくあることらしい。現に、うちの車庫では2年連続だし、もっと古いものも残っている。最初からもっと慎重に場所を選べばいいのに。それとも、1匹の女王蜂が同時進行で数箇所に巣を作って、最終的に一番いい場所で本格的に群を作るのかな?

今日、庭のネムノキのまわりをスズメバチが飛んでいた。うちに巣を作った女王蜂が別のところに作った巣で産んだ働き蜂だったかもしれない。
ときどき飛んでくるくらいはしょうがないけど、もうそろそろうちは住み心地が悪いってことを覚えてほしいもんだ。
[PR]
by roki204 | 2009-07-12 00:06 | ひとりごと

星に願いを

今年もこどもたちが保育園から七夕の笹飾りにする短冊を持ち帰ってきた。願いごとを書いて先生に提出し、笹に飾り付けてもらうことになっている。こども2号と3号がそれぞれ自分用と親用を1枚ずつもらってきたので、親用の1枚はこども1号の分にした。
で、3人が書いた願いごとは・・・

こども1号「お花やさんになりたいです。」

医者になりたいと言ってばあばたちを喜ばせていたのにね。でも、お花やさんもいいよね。

こども2号「おはなやさんになりたい。1号となかよくしたい。」

おはなやさんにというのは1号のまね。その後の「なかよくしたい」というのが泣かせる。2号は1号が大好き
だもんね。

こども3号「シンケングリーンに会いたい。」

3号は自分では書けないので私が代筆。1号が「大きくなったら何かになりたいとか、何かがほしいとか、そういうことを書くんだよ」と説明したら、「シンケングリーンに会いたい」と3号。「なりたい」の聞き間違いかと1号が確認したけれど、「会いたい」のだそうだ。1号も2号もほかの子たちも、たいていプリキュアや仮面ライダーに「なりたい」なのに、3号は「会いたい」。なんだかおもしろい。

さて、七夕の夜。2号が「先生と星を見るって約束したから」と言うので、みんなで庭に出て空を見上げた。七夕に星を見るって何年ぶりだろう。あいにく、昼間はいい天気だったのに、雲が出てきていてあまり見えなかったけれど、ちょうど真上あたりに見えた明るい星を織姫と彦星ということにしてしまった。
短冊にも書いたけど、あの星に願いごとをすると叶うかもしれないよと私が言うと、こどもたちは嬉しそうに願いをかけていた。1号はお花やさんのほかにも「怖がりじゃなくなりますように」なんてことも。
みんなの願いがほんとに叶うといいね。
[PR]
by roki204 | 2009-07-09 00:42 | こどもたち

ガールズ・トーク

前の記事でも書いたように、こども1号はクラスメイトと仲良く、楽しく過ごしているよう。だんだん親の手助けなしに友達同士で遊べるようになってきたし、それに伴って友達から受ける影響も大きくなってきている。私が教えていないこと、意図していないことも、どんどん覚え、やりたがるようになってきて、“うちの子”から“1人の女の子”としての成長を始めたという感じがする。

「プリキュアはもう好きじゃないから見ない」

「お小遣いがほしい。4班の子はみんなもらってるよ」

「なっちゃんに『ちゃお』(女の子向けマンガ雑誌)見せてもらったら面白かったからほしいな」

などなど。

極めつけは、初恋!
なっちゃんと二人でお守りを作り、その中に好きな男の子の名前を書いた紙を入れたのだそうだ。「誰にも言わないってなっちゃんと約束したから」と誰の名前を書いたのか秘密にしていたあたりに成長を感じさせる(後でママにだけはって教えてくれたけど)。

で、その後が笑っちゃったんだけど、優しい1号は私にもお守りを作ってくれたのだ。

「好きな男の子の名前を書いて、入れておいてね」

じゃあ、お父さんかなあ。

「そうじゃなくて、会社の人で」

って言われてもねえ。

「あと、その人の得意なことも書くんだよ。(私の耳元で小さな声で)誰にも言っちゃだめだよ。ほら、1号はYくんの名前を書いたでしょ。だから、Yくんの得意なことで『サッカー』って書いたんだよ

あー、そうかそうか。でも、やっぱり会社の人じゃまずいからねえ。ママはお父さんの名前を書いて、得意なことは「聞いてないのに聞いてるふり」って書いておこうかな。

そんなふうに、私にもお守りを作ってくれたり、好きな男の子が「なっちゃんと同じだったんだよ」と喜んだりしているくらいなので、まだまだ初恋とは言えないようなかわいいもの。でも、「3号と結婚する!」と言っていた頃に比べれば格段の進歩で、そんなガールズ・トークもするようになったのかと感慨深い。
これからも、友達と仲良く楽しく過ごせるといいね。なっちゃんとYくんをめぐってバトル勃発なんてことにはなりませんように!
[PR]
by roki204 | 2009-07-02 12:09 | こども1号

休み時間参観

「ママ、今度は授業参観、1時間目から5時間目までずっと見ててよ。ママならもう慣れたから平気なの」

とは授業参観があった日の夜のこども1号の言葉。
2週間くらい前から前日まではいつものように「嫌だなあ」と言い続けていたくせに、すごい変わりよう。どういうわけなのかはさっぱりわからない。

変わったのは2時間目からだった。1時間目は嫌がっているような雰囲気もあり、休み時間も硬い表情で自分の席に座ったまま。ただ、友達がそばに来て話しかけたときにはにこにこと笑いながら何やらおしゃべりしていた。それがきっかけだったのかもしれない。2時間目からは積極的かつ活発に授業に参加し始め(今までの1号と比べて、というだけであって、ほかの子たちと比べれば消極的でおとなしい)、もしかして私が来ていることに気がついていないのだろうかと思うほど。隣の席のたっくんの座布団の下に、なぜか前の週に返してもらったテストが入っていたのを見つけて、二人でずっと笑っていたりもして。
そして2時間目の後の20分間ある休み時間になると、「なっちゃんと鉄棒してくる!」と私に言うなり外へ飛び出していった。おさななじみのなっちゃんのほかに、おすし屋さんの息子くんも一緒だ。鉄棒が得意な1号は、足掛け回りや空中逆上がりでぜんまい仕掛けのおもちゃみたいに、くるくるくるくる回り続けていた。(どうやら私は回るこどもに弱いらしい。メリーゴーランドに乗っているのを見ても、いつも愛しいと思うと同時に何やら物悲しい気分になる。前にも書いたけれど、たぶん『ライ麦畑でつかまえて』のせいだろう。)
見てると嫌がるかと思ったら、ときどき私のほうを見て手を振ってニコニコ。もう帰ったほうがいいかと聞くと「まだいていいよ!」と言うので、予定が狂ったなと思いながら3時間目も見ていくことにした。

友達づきあいがうまくいっていること、仲良くできていることが、授業参観を嫌がらなくなったことと関係しているのかもしれない。1時間目の休み時間の後から変わった1号を見て、そんなふうに思ったけれど、本当のところはわからない。私以外は、夫もばあばも来たら嫌だと言っているし。
わからないながらも、今回は授業参観よりも休み時間参観に収穫があったなと思う。
[PR]
by roki204 | 2009-07-02 11:57 | こども1号