<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『ハチはなぜ大量死したのか』

イチゴの季節が始まった頃、じいじのイチゴはいびつな形をしているものが多いのはどうしてだろうと思い、同じ職場にいるイチゴ担当の人に聞いてみた。すると、イチゴは全部の雌しべが受粉しないときれいな形にならないのだと教えてくれた。筆を使って受粉させてもいいし、農家ではハチを使うのだとも。
ここでもハチが活躍しているのかとびっくりした。ちょうど『ハチはなぜ大量死したのか』を読んでいるところだったのだ。欧米で多くのハチが死んでいること、その原因が私の仕事とも関係のあるネオニコチノイド系の農薬ではないかと言われていることから気になっていたときに見つけたものだ。

本の題名には「大量死」と入っているが(原題にはない)、正確にはハチの失踪によって巣が壊滅するCCD(蜂群崩壊症候群)と呼ばれる現象で、2007年の春までに北半球の4分の1のハチが消えたのだそうだ。ハチがいなくなると、蜂蜜が採れなくなるばかりではない。リンゴもブルーベリーもアーモンドも、ハチをはじめとする花粉媒介者がいなければ実を結ぶことはない。家庭菜園のイチゴなら筆を使って人力で受粉させることもできるだろうが、大量生産する農場では不可能だ。CCDは、養蜂業者だけの問題ではなく、農家にも、果実を食べている私たちにも深く関わることなのだ。
原因不明のCCDについて、ときにはふざけすぎではないかと思うほどの軽めの文体で、テンポのいいミステリーのように謎解きを進めていく。だが、結局、決定的な犯人というのはわからない。オリエント急行殺人事件のように全員が犯人なのかもしれない。犯人はわからないながらも、CCDから見えてくるのは復元力と多様性を取り戻さなければならないということと言う著者には共感する。
そして、この本のおもしろいところは謎解きだけではない。原因を探るためには当然ハチの生態を知らなければならないわけで、その部分がおもしろいのだ。典型的なハチの一生や群集の知恵、ハチを使って地雷を探すこともできる(!)など、興味深い話が盛りだくさん。そして蜂蜜についても、傷を治し、風邪薬となり、深い安眠、体重減少、学習能力促進と様々な効能があるという。ハチってすごい!と思わずにはいられない。ハチを飼おうとまでは思わないが(ハチを飼いたければどうすればいいかということも書かれている)、庭にハチが喜びそうな花をもっと植えて、ハチを大切にしようという気になってくる、ハチへの愛情がいっぱいの本なのだ。

ところで、じいじのイチゴだけれど、今年は去年までよりも形のきれいなものが多かった。じいじのことだから筆で受粉なんてやってるわけないと思ったが、やっぱり自然にまかせているとのことだった。まかせられる自然があるというのはありがたいことだと、花粉媒介者たちに感謝しながらイチゴを食べている。
[PR]
by roki204 | 2009-05-24 01:42 | 本や映画

井戸の周りで

ずいずいずっころばし ごまみそずい
おっとさんが呼んでも おっかさんが呼んでも
やめっこなしよ
井戸の周りで 泥んこ遊びしてるのだーれ?

f0063923_0422618.jpg

穴を掘って、ホースで水を流して池を作り、井戸のふたの上では泥んこケーキを作って花びらで飾りつけて。
あなたたち、ちょっとやりすぎじゃない?
[PR]
by roki204 | 2009-05-19 00:42 | こどもたち

こども1号がくれた手紙

こども1号が手紙をくれた。

ままへ
おしごとがとをくなってたいへんだね。
でもがんばってね。
もう春もおわりだね。
こんどはなつだね。
じいじがつくったおいしいすいかがたべれるね。
かぶとむしもくるよ、きっと。
プールにもいけるね。
およげるようになってうれしくて
はやくおよぎたいな。
1号より

さて、返事はなんて書こうか。
特に好きではなかったはずの夏が待ち遠しくなってきた。
[PR]
by roki204 | 2009-05-15 00:45 | こども1号

仮面ライダー

「仮面ライダーのお洋服!あっはっはっはっは!
 仮面ライダーのズボン!あっはっはっはっは!
 あっはっはっはっは!あっはっはっはっは!
 あっはっはっはっは!


ばあばに買ってもらった仮面ライダーのTシャツに大興奮の3号、笑い袋のように笑い続けていた。
ズボンはなんでもないただのズボンなのに、一緒に買ってきてくれたので、仮面ライダーのものだとすっかり勘違いしている。あんまり喜んでいるので写真を撮ってあげようかというと、いつもは人差し指をほっぺにつけて、にっこり笑顔をするくせに、仮面ライダーっぽいりりしい表情で、かっこいいポーズ。
f0063923_1305934.jpg

すごいね、仮面ライダーになっちゃったね、と私が言うと、

「ううん、仮面ライダーになったんじゃなくて、仮面ライダーのお洋服」

と、興奮している割には妙に冷静。
そして、絵本を見て仮面ライダーのポーズの研究。
f0063923_134183.jpg

でも靴下は大好きな「黄色いうさぎさん」のミス・バニー。ラブリーなものも相変わらず大好き♡
[PR]
by roki204 | 2009-05-14 01:38 | こども3号

お兄さんが好き

連休中に千葉のそごうに買い物に行った。駐車場の入り口では制服姿の男性が案内をしていた。それを見た1号、

「あのお兄さんかっこいい!ああいうお兄さん、好き!」

好みのタイプだった?

「1号はお姉さんよりもお兄さんのほうが好きになったの」

あ~、そういうこと。それはまあ健全かもね。同級生のなっちゃんなんて、2年も前から「イケメンが好き♡」と言ってて小栗旬のファンだったんだから。

駐車場入り口から入っていった先の駐車券を受け取るところでは、窓口にいたのがお姉さんだったものだから、さらに話はヒートアップ。2号も一緒になって熱く語り始めた。

「今のお姉さん、好きじゃない。全然かわいくないよねえ。お兄さんのほうがいいよ。かっこよかったもん。あのお姉さんだったら、エビちゃんのほうがかわいいよ。エビちゃんもかわいくないけど、あのお姉さんだったらエビちゃんのほうがいい」

駐車券係のお姉さんもモデルのエビちゃんと比較されるのは不本意だろうな。おまけに、夫が大好きでうちのPCの壁紙にもしているエビちゃんのことをこどもたちはなぜか嫌っているので、エビちゃんより嫌だというのは相当な悪口になる。
そんな言い方は良くないんじゃないのと軽くたしなめ、話は終了。

さて、買い物をして、昼食を食べて、2、3時間ほど過ぎてからのこと。3号を抱っこしてエスカレーターに乗ろうとしたとき、チラシを配っていたお姉さんがいた。私は3号と荷物で両手が塞がっていたので受け取らなかったが、当然のことながら嫌な顔をするわけでもない。それなのに、エスカレーターに乗ってお姉さんから少し離れたところで、3号が言った。

「あのお姉しゃん嫌い」

なんで?

「だって~、お兄しゃんのほうが好きなんだもん」

( ゜д゜) えっ?お兄さんのほうが好き?!

あのときは黙っていたけれど、駐車場で1号と2号が言っていたことをちゃんと聞いていて、覚えていたのだ。まったくもう。
サービスカウンターにいた中年の男性職員のことまで「お兄さん好き~♡ お姉さんより好き~♡」と言っていた3号くん、お姉ちゃんたちの真似もほどほどにしてね。
[PR]
by roki204 | 2009-05-06 23:45 | こどもたち