<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

しりとり

父にもらって読んでいる本『小学一年生の心理』(編著者:高木和子、大日本図書株式会社)にしりとりのことが書かれていた。
しりとりができるようになるには、ルールを知っているだけでなく、音韻意識が必要なのだという。
音韻意識とは、話される言葉の音韻的な側面に注意を向けること。つまり、「かぼちゃ」という言葉を聞いて、「か」や「ぼ」という音からできあがっている言葉であることに気づくというようなことである。
しりとりの場合、言葉の最後の音を取って、その音で始まる言葉を言う。つまり、最後の音が何かを答えられることと、ある音で始まる言葉を言えること、二つの異なる音韻意識がなくてはできないのだそうだ。

これを読んで思い出したのは、まだこども1号が小さかった頃のこと。しりとりをやりたがるのでルールを教えたのだけれど、何度説明してもできないということがあった。あれは、ルールを理解できなかったのではなくて、音韻意識がまた発達していなかったせいなのだろう。
でも、今では1号だけでなく、2号もしりとりができるようになった。

2号「こまち!」(注:プリキュアの登場人物の名前)

1号「ち・・・ち・・・チッシュ!」

2号「『チッシュ』じゃないでしょ。『ティッシュ』でしょ」

1号「いいでしょ、チッシュでも」

無理やり「チッシュ」などと言わず、「ちり紙」でいいんでないの?

2号「ほら、『ち』だよ!」

1号「ち・・・ち・・・ち、り・・・ちり・・・ちり・・・」

そうそう、「ちり紙」だよ、「ちり紙」!

2号「ちりも積もれば山となる?」

ちなみに、しりとりは必ずしも多くの言葉を知っていなくてはできないということはないそうだ。というのも、思いつかなかった場合は、誰かが「りで始まるものなら、丸くて赤い果物があるよ」などとヒントを出してやることで続けられるからだ。
でも、このあと1号は、2号の出したヒント「ちりも積もれば山となる」は採用しないで、「ちり紙」と言ったんだけどね。
[PR]
by roki204 | 2008-06-27 00:28 | こどもたち

トックリバチ

うちの車庫の天井にハチが巣を作った。
少し大きめのハチで、作り始めたばかりの巣をよく見てみると、あの小さな部屋に分かれたいかにもハチの巣っていうタイプのものではなくて、丸い形を作ろうとしているようだ。まだ小さくてよくわからないけれど、このままどんどん大きくなったところを想像すると、スズメバチの巣みたいになりそうな気もする。そういえば、ちらっと見たハチの姿はスズメバチに似ていなくもなかったような・・・。
「昔から、家にハチが巣を作るのは良いしるしだっていうのよね」などとばあばはのん気なことを言っているが、ちょっと心配。こどもたちには、ハチに近寄らないように、いじめないようにと言い含めたが、わかっているのかいないのか。とにかく様子を見ることにした。

そして数日後。
f0063923_23483893.jpg

どうやら巣は完成したらしい。で、どうやらスズメバチではないらしい。この写真ではわかりにくいけれど、まるで徳利みたい、というわけで、これはきっとトックリバチだろうと思い当たった。
図鑑やネットで調べてみると、大きさ10~15mmとあるのに、うちのハチはそれよりも大きい。でも、巣の形は同じなので、トックリバチの仲間なのだろう。
トックリバチはスズメバチ科ドロバチ亜科と分類されるようだ。私が心配になってしまったのも無理はないというような、いかにも刺すぞ!って雰囲気の姿だけれど、めったに人を刺すことはないそうなので一安心。それに、親のハチは巣に1個卵を産むと、後は育てることはないので、親がうろつくこともないし、出てくるハチも1匹だけ。ますます安心。
でも、この巣には、親のハチが産まれてくる子どものために用意した餌がぎっしりと詰まっているらしい。その餌というのは、ガの幼虫。しかも、幼虫は殺さずに麻酔で仮死状態にしてあるそうだ。

巣を見上げながら、中の状態や卵が孵ってからのことはあんまり想像したくないなあと思う。
でも、子どもに新鮮でおいしいものを食べさせたいという親心には共感できるので、無事に子どもが巣立つまで、何をするというわけでもないけれど見守っていこう。
[PR]
by roki204 | 2008-06-23 23:48 | ひとりごと

25周年のTDL

25周年を迎えた東京ディズニーランドに行ってきた。

今回、みんなで楽しみにしていたのは「ワンマンズ・ドリーム」というショー。テレビで紹介していたのを見て、おもしろそうなので実際に見てみようということになったのだ。
一番、楽しみにしていたのはこども1号。朝からずっと

白黒ミッキーは?まだ?」

・・・確かに、白黒のミッキー、ミニーがカラーに変わるという、映画「オズの魔法使い」のようなシーンで始まるんだけれど、「白黒ミッキー」じゃなくて、「ワンマンズ・ドリーム」だから。

ショーは、ピーターパンとウェンディが空を飛んだり、舞台のあちこちから火がゴォォッと噴き出したりという、思っていたよりも大掛かりで楽しいものだった。悪い魔女たちが出てきたところで顔をこわばらせていた1号は「もう見たくない」と言っていたけれど、2号は気に入ったらしい。

ワンワン・パレードおもしろかったね。また見ようね」

・・・いや、だから「ワンマンズ・ドリーム」だってば。

悪い魔女を怖がっていた1号も、空飛ぶダンボは初めて一人で乗ることができた。これまでは家族5人で、2人ずつ2回に分けて乗り、さすがに3回に分けてというのは・・・ということで3号は乗せずにいたのだけれど、これで全員で一度に乗れることになった。
初めて乗った3号も、始めこそ怖がっていたものの、動き始めると面白がって、後になって「また乗るー」と言い出すほど気に入っていた。

新しくなったパレード「ジュビレーション」も、もちろん見た。デザインや色使いがなんとなく今までのディズニーっぽくなかったけれど、これまた大掛かりでおもしろかった。
残念だったのは、フロートが止まる位置のこと。事前にキャストにスティッチの止まる位置を聞いたところ、「橋を渡ってすぐのところ」と教えてくれたので、ほんとにすぐのところで見ていたら、スティッチは通り過ぎて少し先で止まったのだ。目の前には誰もいない。もっと詳しく聞いておけばよかった。
次回は橋の手前、1回目にミニーが止まり、2回目にはピノキオが止まる位置を狙おうかな。
・・・って、もう次のことを考えてるし。

25周年記念グッズはいろいろあったけれど、一番人気があったのはドリームキー。
朝からすごい行列で、そんなにまでして買わなくてもねえなんて横目で見ながら通り過ぎてしまったのだが、1号がどうしてもほしいと言い出した。そんなに言うのならと3時過ぎに行ってみたら、なんと会計までに2時間待ち、その後受け取りまでに4時間待ち!
悲しそうな顔をしてがっくりしている1号に、次に来たときにしようねと言い聞かせると、1号も納得。その後は、どうせ長時間並んで買うなら1号の分一つだけじゃなく、5人分買っちゃおうか、ちょうど5色あるしね、おぉこの5色はプリキュアの5人の色と同じだね、などと盛り上がった。
・・・って、やっぱりもう次のことを考えてるし!

そういうわけなので、ドリームキーを販売している来年の4月までにまた行くぞー。
[PR]
by roki204 | 2008-06-20 01:21 | 家族

梅雨

少し早めだった今年の梅雨入り。

小学校の遠足の前夜には、こども1号と2号がテルテル坊主を作った。
f0063923_23401086.jpg

効果テキメン。1号は無事に遠足に行くことができ、草花遊びなどをして遊んだそうだ。

ここ数日は日差しが強すぎるくらいのいい天気だったけれど、それは今日までで、明日からは下り坂らしい。

雨が降ると、洗濯物が乾かなくて困るな。
保育園の送り迎えが大変だな。
歩いて小学校へ通う1号は大丈夫かな。

なーんて考えてしまうのだけれど、降ったら降ったでこんな楽しみ方もあるようで。
f0063923_23431663.jpg

1号が描いた絵。右が1号で左が3号。大きく描きすぎて2号は描けなくなってしまったそうだ。
[PR]
by roki204 | 2008-06-17 23:45 | こどもたち

来葉

千葉県のホームページを見てみたら、こんなことが書いてあった。

千葉県・ウィスコンシン州生徒交流事業 リンカーン高校来葉について

「来葉」?

・・・千葉に来ることか!(゜ロ゜屮)屮
そういえば、千葉にいることを「在葉」と書いているのも見たことがあったような・・・。

こういう言い方、他県でもあるのかな?
[PR]
by roki204 | 2008-06-13 23:04 | 千葉のあれこれ

こども3号の言葉

こども3号がよくしゃべるようになってきた。でも、いいせんいってるけど・・・という言葉も多い。

「でんたん」
電車のこと。1号・2号と同じく、真ん中に「ん」がつくと最後にも「ん」をつけたくなるみたい。「雨、やんだん」とも言っていた。

「ぷんぷん」
クマのプーさんのこと。プーさんが大好きで、プーさんの柄の毛布を「ぷんぷん、抱っこ!」と言って抱えて喜んでいる。

「あんぽん」
1号は小さい頃「ありっぽん」と言っていて、そのときはハリー・ポッター?と思ったけれど、エプロンのこと。

「いぇんいぇん」
パンダの名前みたいだけれど、保育園のこと。「園」を2回繰り返しているのか、「先生」が変化したのか?

「あんぐー」
足のこと。「あんよ」が「あんぐー」になったらしい。いつもシャツを着せようとすると、「あんぐー?」と言って足を入れてしまうというボケをかます。

「とらら」
おならのこと。パン屋さんと金魚の歌のようでかわいい。

あと、間違っちゃいないんだけど・・・というのは

「今、行く」
早く早く!とせきたてていると、のーんびりした調子で言うので力が抜ける。で、そう言いつつも、「あいあい」と言ってふざけてハイハイするので、なかなか来ない。
これ、「今、行く」をセットで一語として使っているのかと思っていたら、おならをしたときに「今、ブー」と言っていたので、「今」の意味をわかって使っているみたい。

「ママ、ぷんぷん」
私に叱られると、うわーん!と泣きながら1号に駆け寄って抱きついて報告。そのときの1号の嬉しそうなこと!
この言葉も、いまいち真剣さが感じられず、力が抜けて、怒っているのがばかばかしくなってくる。

こちらは怒る気も失せてしまう3号だけれど、3号自身は最近けっこう怒りんぼのいばりんぼ。今日もねーねーこと1号のことを怒っていた。1号の椅子に座りたくてよじ登ったけれど、1号がどいてくれなかったらしい。(1号は宿題をやっていたのだから当たり前。)

「ねーねー、どいて! ねーねー! ねーねー!! どいて!!」

と、まあ、かなりご立腹のご様子。でも、普段は3号にあまあまな1号も、こんな理不尽な要求にはクールに無視を決め込んだ。そこで3号は一言。

「もーやだー!!」

頑張れ、3号! でも、ねーねーの邪魔をするのはほどほどにしてね。
[PR]
by roki204 | 2008-06-10 23:36 | こども3号

こども2号の言葉

保育園では手紙のやりとりが流行っている。こども2号もだいぶひらがなが書けるようになってきたので、毎日、嬉しそうに2、3通書いて持っていっている。その文面が、なぜかいつも

「おたんじょうびおめでとう」

誕生日でなくてもおかまいなし。しかも、2号が書くと

「おたんようひおのてとう」

となっている。

「『め』が難しいから『の』になっちゃうの」

こういうところもおかまいなし。さすが2号。

こないだの夕食のときには、2号がちょっとお行儀の悪いことをしたので1号が注意した。自分が悪かったことも、1号が正しいこともわかっちゃいるけれど、そのままですますのはおもしろくない、と思った2号が言った。

「そんなこと言うなんて、1号ちゃんはお母さんみたい。でも1号ちゃんがお母さんなんて、おかしいよね。だって、1号ちゃんはまだ娘なんだもん」

( ゜з゜):;*.':; 娘?!
「大人になっても、娘は娘なのにね。ママだって、おばあちゃんの娘だよね」と1号もくすくす笑っている。すると、2号はすました顔して

「何かご存知ですか?」

大人ぶって、もっともらしい顔して、もっともらしいことを言いたかったんだろうな。いいせんいってたんだけど、ちょっとおしかったね。
[PR]
by roki204 | 2008-06-09 17:29 | こども2号

九十九里浜

今日、仕事で行ったところ。
f0063923_2315012.jpg

60キロも続いている九十九里浜だけれど、こんなふうに固められているところも多い。海によって砂浜が侵食されているせいだ。
でも、すべてが侵食されているわけではなくて、砂浜が広がっているところもある。
それは、侵食が、ザッパンザッパンと寄せては返す波によって起きているわけではなくて、もっと大きな海の流れ、九十九里浜の両端から中央へ向かっている流れによって起きているからだそうだ。

これは、ナナメ読みした本に書いてあったこと。今度、時間があるときにちゃんと読んでみよう。
[PR]
by roki204 | 2008-06-04 23:02 | 千葉のあれこれ