<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初めてのディズニーシー その2

「1号は行きたくないって始めから言っていたのに・・・。もう帰りたい」
と言い出した1号。やっぱり無理に連れてきてかわいそうだったかなとちょっと反省。

でも、2号と、やっと目を覚ました3号は、ポップコーンを食べていてけっこうご機嫌。そこで、もう少し行ってみようよとアラビアンコーストへ。
ここには確かメリーゴーランドみたいなものがあったはず・・・と行ってみると、アラビアンコーストなので、馬ではなく、「アラジン」のジーニーやゾウやラクダ。これには3人とも大喜び。1号、2号は「ジーニーに乗る!」と張り切っていたし、3号もはしゃいで暴れて馬から落ちそうになるほど。よしよし、これでまだしばらくは帰らずにいられそうだ。
その後、もう一度ミート&スマイルを観るためにメディテレーニアンハーバーへ。またトンネルと火山の近くを通らなければならないけれど、今度は目的がはっきりしているので、さっきほどには嫌がらない。そして、2度目のミート&スマイルでは、ジャスミンが握手してくれて、1号と2号は感動! 3号も楽しそうにしていた。
「もう火山の近くには行きたくない」というこどもたちの意見を尊重し、次はアメリカンウォーターフロントへ向かった。途中、ヴェネツィアのような街並みとゴンドラを見て、新婚旅行を思い出す。「あのときは寒くてゴンドラには乗らなかったよね」って、なんだか全然ロマンチックじゃないじゃないか。
ゴンドリエの一人はサンタルチアを歌っていた。それってナポリ民謡じゃないのかな?と思うが、本場ヴェネツィアでも観光客にリクエストされるのはナポリ民謡が多いのだとか。なんだかなあ。そういえば、ずいぶん前に行った新宿のイタリアンレストランではギターの流しみたいな人がいて、私たちはカーロ・ミオ・ベンとかをリクエストしていたんだけれど、そのおっちゃんはなぜか当時流行っていた歌を「これはどうだ?」と言って歌っていたっけ。
アメリカンウォーターフロントでもオーバー・ザ・ウェイブというショーを観た。こどもたちは少し前まではこういうショーの大音響の音楽やセリフを怖がっていたのに、今はもう平気になったみたい。2号がとても気に入り、もう1回観たいというので2回観た。ストーリーはなんてことないものだけれど、ミッキー、ミニーたちも出てくるし、ドアがたくさん並んだ船室のセットでのドタバタは笑えるし、大きな船の形の建物も使った大掛かりなショーで、私もけっこう楽しめた。3号も手を叩いて喜んでいた。
あとは、散歩するようにそこらを歩き回った。アトラクションはどれも乗りたくないと言うので、見ていただけ。電車には乗れたけれど、うちのこどもたちが乗れるくらいなので、なんということもない普通の電車。少し高いところから眺められるというのはおもしろかったかもしれない。
そんなふうにして夕方まで1日楽しむことができた。

初めてディズニーシーに行って感じたのは、よく言われていることだけれど、ランドに比べてシーは街並みを見て歩くだけでも楽しい、でも、やっぱり大人向きなのかなということ。高低差がかなりあるので、スロープはあるけれどベビーカーではちょっときつい。それと、たまたま入ったところがそうだっただけかもしれないけれど、オムツ交換台が障害者用トイレに一つあるだけで、それもちょっとちゃちな作りのものだったので、使いにくかった。ベビーカーとオムツを使うような小さいこども連れにはランドのほうが親切設計だと思う。
あと、ちょっと問題(?)なのは、3号が大きくなってタワー・オブ・テラーに乗りたいと言ったらどうするか、ということ。ほかの4人はみんな、あんなものは怖いから絶対に絶対に乗りたくないのだ。で、家族会議を開いて検討した結果、1号、2号、私は下で待っていて、夫が3号と一緒に行くということに多数決で決定!
ま、そうは言っても、
「怖いから、もうディズニーシーには行きたくない。4年生になるまで行かない」
と有言実行型の1号が言っているので、次に行くのはたぶん4年も先の話なんだけどね。
[PR]
by roki204 | 2007-09-26 23:55 | 家族

初めてのディズニーシー その1

ディズニーランド大好き、ミッキーやミニー、プリンセスも大好きなこどもたちだけれど、なぜかディズニーシーは怖いから行きたくないと、たぶんディズニーシーの存在を知ったときから言っていた。夫も私も一度くらい行ってみたいと前々からチャンスを狙っていたので、先週、いろいろと好条件が揃っていた日に「行ってみようよ」と誘ってみた。当然のことながらこどもたちは拒否。でも、アレコレ言って説得しているうちに、単純な2号は「行く!」と言い出し、1号も渋々承知した。

到着後も、1号はぶすっとしていたし、3号はぐっすり眠っていた。一番ましな2号も「リトル・マーメイド」の悪役アースラが出てくるんじゃないかとおっかなびっくり。山だ!船だ!タワー・オブ・テラーだ!とはしゃいでいたのは大人2人だけ。しかも、満を持して、と言いたいところだったけれど、まるっきり何にも調べずに来てしまったので、入ってすぐのところで立ち止まって、地図を広げる羽目になった。
すると、運のいいことに、目の前でミート&スマイルというショーが始まった。ミッキー、ミニーはもちろん、ピノキオやジャスミン、マリーちゃんまで出てきて、2号は喜び、1号の表情もほころんできた。ショーが終わってからは、ピノキオが一人でうろうろしていたので、一緒に写真を撮ることもできたので、2人は笑顔に。
これは幸先がいい、この調子で次はマーメイドラグーンだ!と歩き出したとき・・・

ゴゴゴ・・・ ゴゴゴゴ・・・ ゴーッ ゴーッ

ディズニーシーのシンボル(なのかな?)、プロメテウス火山が火を噴いたのだ。これには私もびっくりしたくらいだから、こどもたちはもう泣き出さんばかり。事前に調べておけば対処のしようもあっただろうにと悔やんでみても、もう後の祭り。しかも、火山のほうへ向かって行き、トンネルを通って行かなければマーメイドラグーンへ行けないのだ。この配置、設計ミスじゃないか?と言いたくなるが、まあ普通はこんなに怖がったりしないだろうから、ミスじゃないんだよね。
おまけに、なんとかなだめてやっとの思いでたどり着いたマーメイドラグーンでは、屋内は青や紫っぽい薄暗い照明を怖がってしまい中に入れず。アリエルの入れ物のポップコーンと、ミニーの耳型のカチューシャを買ってあげたことは喜んでいたけれど、1号は「もう帰りたい」と言い出した。
えーっ、まだ入って1時間もたってないのに・・・。お昼ごはんだって食べてないのに・・・。


さて、この先はどうなるのか。次回へつづく。
[PR]
by roki204 | 2007-09-26 01:10 | 家族

無鉄砲

「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている」という夏目漱石の坊ちゃんが、小学生の頃に飛び降りたのは学校の二階からだったが、うちの1歳2ヶ月になる坊ちゃん、こども3号が飛び降りたのは軽トラの荷台からだった。
幸い、夏目坊ちゃんのように「一週間ほど腰を抜かした」なんてことにはならず、すぐに元気になったので、今では笑って話せるのだけれど。

家から連絡があったのは会社で帰り支度をしていたとき。急いで駆けつけたときには、まだ3号はぼーっとしていて、声をかけてもほとんど反応はなく、目を開けているのに私の顔を見ないので、どうにかなってしまうんじゃないかと本当に心配した。しばらく抱いていたら、「おー」と声を出し、私の顔を見た。そして、おっぱいを飲むと言う。でも、なぜかいつものベビーサインではなく、「ママもこうやって、早く飲ませて」と言わんばかりに自分のTシャツをまくりあげていた。その後には笑顔も見せてくれた。どうやら大丈夫そうだと一同、ほっと一安心。
でも、念のため、と病院へ向かった。近くの病院には断られたので、千葉まで行くことにしたのだけれど、ずっと話中で電話がつながらない。やっとつながり、状況を説明すると・・・
「そういう状態でしたら、家で安静にしていればいいです」
でも、もうそっちに向かっているんですけど・・・
「嘔吐などがあった場合は良くないのですが、クッキーを食べているなら大丈夫でしょう」
はあ、そういうもんですか。おいしそうにパクパクと食べていますが。
嘔吐のほかには、眠っちゃったりするのも良くないしるしだと言う。さっき眠っちゃいそうになっていたのが心配だし、まだ赤ん坊なんだからしょっちゅう寝ていて、よくわからないじゃないか。
「確かに赤ちゃんですと眠っていることは多いでしょうが、お母さんならいつもの眠り方と違うかどうかわかるでしょう」
なんとなくムカッ。「お母さんなら」って言ったって、それでもし私が気がつくのが遅れて何かあったら、あんたが何の気なしに言った一言のせいで、私はずーっと自分を責めることになるんだからね。
でも、ここまで言われちゃしょうがない。実際、3号はすごく元気になって、いつもと変わりなかったので、病院へは行かずに家に帰った。

それから今に至るまで、3号はおかしな様子もなく、元気である。困ったことに、懲りた様子もなく、あっちの椅子、こっちの椅子によじ登って、ときどきひっくり返って泣いている。翌日にはピアノのふたで指を挟んだし、翌々日にはお風呂でドボンと頭まで浸かってしまった。
ひょっとしてこれは、jukaliさんが喜ぶ猿路線まっしぐらということだろうか?
それにしても、こんな無鉄砲なところは親譲りではないよな、と思う。私の母は、屋根だの橋だのから落ちたそうだから、祖母譲りか。あ、そういえば私も、初めて乗った飛行機で、シートベルトを締める間もなく座席から飛び上がり、前の座席にぶつかっておでこを切ったことがあったっけ。ならば、脈々と続いている遺伝子なのか?
とにかく、これからますます活発になっていくのだから、ちゃんと気をつけてやらないと。元気なのもいいけれど、ほどほどにしておいてね、3号。

蛇足ながら付け加えておくと、『坊ちゃん』を引用したけれど、私は夏目漱石は嫌いで、これは父親譲りである。
[PR]
by roki204 | 2007-09-22 22:38 | こども3号

小学校の運動会

まだまだおちびちゃんのような気がしていたこども1号も、早いもので来年は小学校入学。その小学校から運動会で就学予定者の種目に参加してくださいとの案内が届いたので、1号に行ってみようよと言った。

「行かない」

やっぱり、そうきたか。でも、もうちょっとねばってみる。走ると何かもらえるみたいだよ、なっちゃんやたっくんも行くんじゃないかな、ママと一緒に走ったっていいんだよ。

「やだ」

やっぱり、そうだよね。じゃあ、見るだけでもいいよ、小学校で一緒になる友達にも会えるし、運動会がどんなだか見ておくといいんじゃない?

「見るだけならいい」

1号の性格だったら、初めて行くところで知らない人たちと一緒に何かに参加するなんてできるわけがない。でも、そんな1号だからこそ、小学校へ入ってからとまどってばかりとならないように、見せておきたい。夫も私もそう考えていたので、行くことを承知してくれただけでも上出来。一度でも見せておけば、しっかり覚えておいて自分なりに心の準備をできるタイプなので、私たちとしても安心だ。
ちなみに2号の場合だと、一度見たくらいではすぐに忘れちゃったりするんだけれど、初めてのところでも、初対面の人でも、度胸と愛嬌で乗り切ってしまうタイプなので、あまり心配することもない。

さて、運動会当日。
見るだけならとは言ったものの、あまり気が進まない様子の1号。表情も冴えない。
そして、車で小学校へ向かい、駐車場で車を降りた途端、げーっ・・・。
ああ、やっぱり。緊張のあまり・・・というのはよくあることなので驚きはしないが、かわいそうだなあと思う。でも、こういうことを繰り返しながらも少しずつ強くなってきたのだから、これからも苦労しながら少しずつ強くなっていくんだろう。1号も吐いてしまったらちょっとすっきりしたようでもある。行こうかと言ったら、嫌がらずに歩き出した。
運動場の中に入り、入場門のそばで見ていると、1号の同級生になる子どもたちが集まってきた。親が一緒でなくても一人で走れるという子と、親と一緒に走る子と、半々くらいだろうか。一人で走れる子って意外と多い。
1号の友達はいなかったけれど、まだ赤ちゃんだった頃、散歩や予防接種のときによく行き会った子に再会し、挨拶をすることができた。もともと小学校へ通うことは楽しみにしているのだし、運動会の雰囲気も味わうことができたし、これで不安が少しは解消されたのではないかと思う。まあ、帰るときに1号がほっとしたような表情を浮かべていたのは、そんな理由ではなく、走らずにすんだからだろうけれど。

今朝、小学校の近くを車で通りかかったとき、2号が言った。

「ここで1号ちゃんがげーしちゃったんだよね」

うん、そうだね、かわいそうだったねと私が答えると、

「でも、少し笑っちゃった」

おいおい、2号、それはないでしょう。
と思いつつ、つい笑ってしまってから、バックミラー越しに1号の顔を見た。1号は私と目を合わせ、2号はしょうがないなあというように笑っていた。
[PR]
by roki204 | 2007-09-19 22:39 | こども1号

アシダカグモ大発生?

去年、ムサシノではジョロウグモが大発生したらしい。
今年、千葉ではアシダカグモが大発生している。
いや、千葉と言っては言い過ぎか。一宮町の人に聞いたら、うちにはいないよって言っていたし。でも、少なくともうちではいっぱい見かける。
前にも書いたとおり、今までもいたことはいたけれど、家の中で見かけることはそれほど多くはなかったし、小さいものばかりだった。ところが今年は多いのだ。春頃から今までより多いな~と思っていたら、それがだんだん大きくなってきた。その間に淘汰されたのか、数は減ったけれど、今では手のひらサイズのものが少なくとも2匹はいる。
なぜ2匹いるとわかるのかというと、1匹は足が8本あるけれど、もう1匹は何があったのか足が6本しかないのだ。もう数ヶ月も同居しているので、いろいろあったんだろうなあ、お前も大変だね、ちゃんと餌は取れるのかい?などと声をかけてみようかという気持ちにならないでもない。
それにしても、家の中で成長してるってことは、家の中に餌があるってこと。餌は私の大嫌いなアレらしい。餌が豊富にいるんじゃないかなんてことは考えたくはないのだけれど、あれだけ大きく成長したんだからいっぱい食べたんだろうな。
アシダカグモも、餌のアレも、そろそろその季節は終わりに近づいてきているだろうけれど、ラストスパートで、すっかりいなくなるまでしっかり食い尽くしてくれ!
[PR]
by roki204 | 2007-09-15 22:26 | 千葉のあれこれ

こども2号の紙芝居

うちのお風呂には、壁にペタッと貼れるようになっているひらがな表がある。4枚セットになったその表をはがし、こども2号が紙芝居ごっこを始めた。ただのひらがな表なので「あいうえお かきくけこ」とか「きゃきゅきょ」とか書いてあるだけだし、いまだに読める文字は少ないので、話は2号が作ったもの。

「神様がいて、とっても王様でした」

のっけからスケールのでかい話。
と言っても、こどもたちの知ってる神様は、選ぶのに迷ったときにやる「どれにしようかな、神様の言うとおり」の神様くらいだろう。ひょっとしたら、ばあばたちに氏神様のことを教わっているかもしれないけれど、「神様の言うとおり」と言いながら「えー、これやだー」と結局自分で選んだりもしているので、けっこう軽い存在なのかも。
でも、私は聖書の中に似たような言葉がなかったっけ?と思った。「王の中の王」とかなんとか。聖書をひっくり返してみたけれど見つからない。勘違いだったかなと思い始めた頃、ふと思い出したのがヘンデルの「メサイア」の中の「ハレルヤ」の歌詞。「King of kings」というのがあるから、きっとそれだ。調べてみたら、ヨハネ黙示録の中の言葉で「王の王、主の主」というのだった。これですっきり。
ところで、この「King of kings」という部分、聴いているといつも「キンコンキン」と聞こえ、「菌根菌」を思い出してクスッと笑ってしまう。でも、ハレルヤも菌根菌も知っている人がなかなかいないので、共感してもらえないのが寂しい。それを考えると、去年のW杯のときに、ドイツ代表のミヒャエル・バラックとマット・デイモンって似てるよねと親友の松さんに言ったら、なんと松さんは前回のW杯のときからそう思っていて、それなのに今でこそハリウッドで稼ぎ率No.1といわれるマット・デイモンも当時はまだそんなに売れてなかったから誰にもわかってもらえず、寂しい思いをしたと言っていた、その気持ちがよくわかる。

話がずいぶん脱線したが、元に戻して、2号の紙芝居の話。

「神様がいて、とっても王様でした」

ぺらっと1枚めくり、2枚め。

「シールがいっぱいでした」

またぺらっと1枚めくり、3枚目。

「ゴリラもいて、山に行きました」

またまたぺらっと1枚めくり、最後の4枚目。

「おしまい」


めでたし、めでたし・・・・・・?
[PR]
by roki204 | 2007-09-10 23:13 | こども2号

手紙

こども1号が手紙をくれた。
f0063923_23472684.jpg

「まま おしごと がんばてね」

感動。
1号は、こういう細やかな気遣いができる心の優しい子だ。いつもいつもそうってわけじゃないけれど、いつもいい子だったらそのほうがおかしいわけで、本当は優しいのだけれど、ときどき意地悪にもなるっていうのが普通のことなんだろう。
「手紙を書いてあげる」というのに最近凝っているので、私はしょっちゅうもらっていて、もらった手紙は引き出しに入れておき、たまってきたところで整理している。でも、この手紙は、仕事中にいつでも見られるように職場へ持っていった。これを見ると、よし、がんばろう!という気持ちになれる。

ところで、この手紙を書く前、1号は私に聞いてきた。

「ママはお仕事してる?」

毎日仕事に行ってるのを知ってるはずなのにと思いながら、うん、してるよ~と答えたら、これを書いてくれたのだけれど、この質問、まさか

「ママは(会社には行ってるけど、ちゃんと)お仕事してる?」

と、言外に深~い意味が込められてたり・・・しないよね?
[PR]
by roki204 | 2007-09-05 23:50 | こども1号

お母さんになりたい

食事中、こども1号が言い出した。

「1号も早くお母さんになりたいなあ」

おお、なんだか嬉しいことを言ってくれるじゃないの(*^。^*)

すると、2号が言った。

「『いけません!』って怒りたいから?」

(-"-)
確かに、ママは今さっき「いけません!」って怒ったばっかりだけど、それはあなたが手でてんぷらを食べたからでしょう?

1号は答えた。

「違うよ~。ケンカにならないから(^.^)」

は? 誰と?

「2号ちゃんと。傷だらけになっちゃうんだもん(^.^)」

( ̄□ ̄;)!!
傷だらけになんかなってないでしょ! 人聞きの悪いことを言わんでくれ!
いつもは2号が不思議ちゃんなのに、1号も不思議ちゃんなことを言ってる・・・。

そして2号と1号の会話は続く。

2号 「1号ちゃんがお母さんになったとき、2号と3号はまだこどもで、2人でケンカしてたらどうする?」

1号 「『いけません』って言って、それから3号だけ先に許しちゃう(^.^)」

2号 「え~、やだ~!」

2人とも、お母さんになるのもいいんだけど、まずは3号のいいお姉さんになることを目指してくださいませ。
ケンカするのも、甘やかすのも、ほどほどにしておいてね。
[PR]
by roki204 | 2007-09-02 22:20 | こどもたち