<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

風化させない

あれは大学生のとき、飲み会で隣に座っていた友達に聞かれた。
「握りと散らし、どっちがいい? オレは握りがいいと思うんだけど」
お寿司のことではない。オナラのことだ。今からオナラをするので、握りっ屁か、そのまま散らすか、どちらか好きなほうを選べと言うのだ。どっちかって言うんなら、散らしのほうがましだけれど、どっちもイヤだ、よそへ行ってやってくれと答えた。たまたま隣に座っただけでそんな目に会うなんて理不尽だ。

こんな品のない話と結びつけるのは申し訳ないが、沖縄の県知事選のことを考えていたら思い出してしまったのだ。県知事選の結果について、多くの人が「経済か、基地か、県民は経済を選んだのだ」などと言っていた。でも、それはおかしいじゃないかと思うのだ。基地をなくす代わりに仕事も失うのと、基地で仕事を得る代わりに安全で快適な生活はあきらめるのと、どちらか好きなほうを選べと言われても、握りっ屁か散らしっ屁か選べと言われているようなものじゃないだろうか。どっちもイヤだ。理不尽だ。
米軍基地は日本全体の問題であり、政府が決めていることなのだから、日本国民全体に関係し、責任があることだ。それなのに、沖縄ばかりに重荷を背負わせ、そうしておきながら沖縄県民ではないから県知事選は自分には関係ないと高見の見物。結果が出れば、訳知り顔で「基地より経済を選んだのだ」と言い、自分たちで選んだことじゃないかと責任を押し付ける。なぜ沖縄県民だけが、そんな理不尽な二者択一をせまられなければならないのか。おまけに知事選から10日過ぎた今となっては、すでに忘れられてしまったように沖縄の話題は出てこない。

11月21日の朝日新聞に、国際基督教大学(ICU)の平和研究所で行っている学生たちの沖縄旅行のことが載っていた。その内容がまとめられた報告書には、こんな感想が綴られていたそうだ。

「戦争で身内の多くを亡くし傷ついた人々が、再び軍事基地で働く、その基地から飛び立つ飛行機で他の国の人々が血を流すことによって生活する・・・・・・そんな状況に沖縄の人々は置かれている」
「軍事基地が生活の場である労働者は、表面的には割り切っていても、精神の奥深いどこかで軍隊を否定しつつ自分の仕事を受け止めなければならない」

そして、さらに印象深かったこととして、東京に帰ってからの座談会のことにふれていた。

「『日がたつにつれて、旅行の時の感覚がどんどん遠くなってきている』『感覚が冷めていく感じが、自分でも怖いくらいに分かる』という発言が続く。基地の現実と人々の反応を見聞きした沖縄体験が、心の中で『風化』していくことを学生たちは感じ取っている。」

他者の苦悩への思いが、自分の心の中で風化していく。エラそうなことを言ってみても、私にも覚えがあることだ。育児、家事、仕事など、そういう現実の生活を前にすると、他者の苦しみが色褪せてしまうのだ。その人たちにとっては、苦しみがまさに生活に直結しているというのに。
沖縄だけでなく、イラクやアフガニスタン、レバノン、パレスチナ、戦争で苦しむ人たち、戦争が終わってからも地雷やクラスター爆弾の不発弾、劣化ウラン弾で苦しめられる人たち、貧困で苦しむ人たち・・・。数え上げればきりが無い。新聞やテレビでは毎日のように見聞きする。そのことについて知り、その苦しみに思いを寄せることは難しいことではない。でも、それはただの出発点であり、その思いを風化させず、持続させること、その思いを基に行動すること、それが難しいけれど、大切なことなのだ。遠いところの話だからといって、私に無関係なことではない。どこかでつながっているのだ。
こどもたちの未来のためにも、思いを風化させないようにしよう。
[PR]
by roki204 | 2006-11-28 12:03 | ひとりごと

千葉市動物公園

寒かったけれど、天気の良かった土曜日、千葉市動物公園に行ってきた。
千葉市動物公園と言えば、去年の春頃、レッサーパンダの風太がすっくと立ち上がっている姿が新聞に載り、かなり話題になったところ。そして今年、風太に双子の赤ちゃんが産まれたので、また話題になっているようだ。

でも、私たちの目的は風太ではなく、アシカ。前に見たときに、こども1号がなぜかアシカを気に入ってしまったのだ。アシカのいるところは、上からは水上を、下からはガラス越しに水中を見ることができるようになっている。上からだとアシカの吠える声が聞こえたり、飛び込んだときに盛大に水しぶきがあがるのを見られる。それがおもしろいと思うのだけれど、臆病な1号はそれが苦手。だから下から水中を見るのがお気に入りだ。
これは3号も気に入ったようだった。3号は、背もたれを水平に近いくらいに倒したベビーカーに乗せていたので、ちょうど下から水面を見上げる角度だったのだ。太陽の光が波打つ水面に反射してキラキラ光っているのをじーっと見つめていた。
2号はゴリラをとてもおもしろがって見ていたが、やっぱりアシカが一番楽しかったと言っていた。
こんな具合にうちでは人気ナンバー1のアシカなのに、一般的にはあまり人気がないようだ。「アザラシだ」と言っていた人が数人いたし、「大きさが違うのは種類が違うんだよね」と言っていた人も。ちゃんと看板があって、「カリフォルニアアシカ オスはメスよりも体が大きく、1頭のオスと数頭のメスで群を作る」って書いてあるのに・・・。

サルの仲間が並んでいるところでは、ちょうど飼育係の人が葉っぱを持って来て、それをあげながら説明をしていたのを聞けた。葉っぱは雑草のような草と、木の葉の2種類。木の葉はマテバシイみたいなので、あんまりおいしそうには見えなかったけれど、サルたちは美味しそうに食べていた。葉っぱをあげるときのサルの様子は種ごとにずいぶん違っていた。飼育係を縄張りに侵入する敵と見做してオスが暴れて威嚇するもの、警戒して近寄らず飼育係が行ってしまってから葉っぱを拾うもの、みんなで横一列に並んで檻の隙間から手を伸ばしておねだりするもの。
それから、飼育係の人によると、サルの仲間で子どもにエサを与えるのは人間だけだそうだ。母親がしっかり子ザルを抱きかかえていたりするので、世話をしているような印象があったので驚いてしまったが、母親は母乳を与えるだけで、エサは基本的に子ザルが自分でとらなくてはならないそうだ。「離乳食ももちろんありません」だって。あと1、2ヶ月で3号の離乳食を始めなくてはならない私としては、ちょっとうらやましいような気もする。
あと、すっごくかわいかったのがワオキツネザルの赤ちゃん。まだ生まれて1ヶ月だけれど、すーっと伸びたしっぽは大人と同じシマシマ模様。まだ本当に小さいのに、しっかりと母親の背中やおなかにしがみついていた。で、その母親、なんと今回が9回目の出産で、そのうち5回が双子!14匹も子どもを産んでいるのだ。スゴイ。子育てのコツを教わりたいくらいだ。

さて、動物園に行った翌日、家でお絵かきをして遊んでいるときに1号が「アシカのところで絵を描いているお姉さんがいたね、上手だったね」と言った。スケッチをしている女の子がいたのをちゃんと見ていたのだ。そして1号もアシカの絵を何枚か描いた。そのうちの1枚がこれ。
f0063923_11323294.jpg

もう少し大きくなったら、スケッチブックを持って動物園へ行くのもおもしろいかもね。
[PR]
by roki204 | 2006-11-27 11:33 | 千葉のあれこれ

突発性発疹

こども3号が突発性発疹になった。赤ちゃんが熱を出すと、おっぱいを吸う口が熱いので気がつく。いつもはあんまり抱っこをしなくてもよく眠る3号が、抱いていないと眠れず、機嫌が悪くてすぐに泣いてしまう。しんどいんだろうなあと思いながらずっと抱いていると、2号が突発性発疹になったときのことを思い出した。
あれはアメリカに住んでいる従姉妹夫婦が久しぶりに帰ってきたので会いに行こうとしていた日だった。熱だけで、ほかに咳などの症状もないので突発性発疹だろうと不安になることもなかったけれど、従姉妹に会うのは泣く泣くあきらめたのだった。2号もほとんどぐずらない赤ちゃんだったけれど、3号と同じように抱っこをしていないとダメという状態だったな。そういえば、おなかの調子がちょっと悪くなっているのも同じだ。

熱が出ていた2日間、3号はお風呂に入れられなかった。3号を義母に預け、その間に1号、2号と私でお風呂。3号が一緒だとのぼせないようにさっさと出なければならないけれど、いないといつもよりゆっくり湯船につかっていられる。ずっと抱っこしていたせいで肩がこっていたのが、温まったら少しよくなった。でも、ちょっと寂しい。
「3号はお風呂大好きなのに、お熱出ちゃってお風呂に入れなくてかわいそうね」
1号と2号もそう言っていた。

昨日の朝には3号の熱は下がり、夜は一緒にお風呂に入ることができた。2日間でたまった垢を(比喩じゃなくて、本当にたまってよれていた垢を)落としてあげた。まだ本調子じゃなかったので、いつものようにご機嫌になって笑うということはなかったけれど、気持ち良さそうだった。
3号も一緒のお風呂なので、いつものようにカラスの行水。まだ3号の抱っこ要求度が高くて肩がこっているのに、ゆっくり温まれないのはちょっとしんどい。でも、やっぱりみんなで一緒のお風呂のほうが楽しいし、お風呂に入れるくらい元気でいてくれたほうがいい。3号がすっかり元気になれば、抱っこの時間も短くなって、私の肩こりも治るだろうし。

・・・と思っていたのだけれど、夫が一言。
「オレも肩こりがひどくなってきたんだよね。もう年ってことだな」
[PR]
by roki204 | 2006-11-22 11:06 | こども3号

千葉ミルフィーユ

「シーオードットジェイピー」
何の脈絡もなくこども1号が言った。メールアドレスみたいだけど、そんなもの知らないはずなのに・・・と思って、それなあに?と聞いてみた。
「ナナサンゼロゼロアットマークベイエフエムドットシーオードットジェイピー」
今度は全部言ったのでわかった。ベイエフエムの番組のメールアドレスだ。ベイエフエムは千葉のローカルラジオ局で、私は車の中ではたいていベイエフエムを聞いている。それで繰り返し言っているのを聞いて覚えてしまったのだろう。
それにしても、こどもたちが一緒に乗っているときはたいていトトロかクイーンをリクエストされるので、ラジオを聞いていることは多くはない。おまけに「アットマーク」だの「ドット」だのの意味はわかっていないのだから、「3.141592・・・」と円周率を覚えるのと同じようなことのはず。それでも覚えてしまう1号の記憶力の良さにはいつも驚かされる。

もともとラジオを聞く習慣がなかった私がベイエフエムを聞くようになった理由はいくつかあるけれど、そのうちの一つが「千葉ミルフィーユ」だ。千葉ミルフィーユはオランダ屋で売っているお菓子。ベイエフエムが「新しい千葉名物となるお菓子を作ろう」と企画し、リスナーの声を集めて作ったものだ。そんなことを企画するなんておもしろくていいな、ほかにもおもしろいことやってるかも、と思ってベイエフエムを聞くようになったのだ。
なぜミルフィーユか、という理由も気に入っている。フランス語でミルは千、フィーユは葉、つまり「千葉」だからというのだ。これはベイエフエムで見つけたことではないかもしれないけれど。前に会社で向かい側に座っていた人も言っていたことだから。
とにかく、千葉だからミルフィーユというのはしゃれてていいし、「千枚の葉」だと思ったら千葉という地名が緑豊かな地を思わせるいいものに思えてきて、気に入ってしまったのだ。
で、味のほうがどうかというと、これがけっこうイケる。甘いものが嫌いでおせんべばかり食べている1号も、これなら喜んで食べている。甘いもの好きな2号は言わずもがな。わざわざこれを買うためにオランダ屋へ行くということはないけれど、ついでがあると買ってしまうおいしさ。
ところで、ウィキペディアのミルフィーユの項目にはこんな記述がある。

「千葉県とミルフィーユ
ミルフイユが「千枚の葉」を意味する事から、千葉県では「千葉ミルフィーユ」と言うお菓子が作られたり、施設に「ミルフィーユ」と名付けるなど、県名との類似を利用し地域振興につなげようとする試みもなされている。」

「ミルフィーユ」と名付けられた施設なんて私は知らないし、千葉ミルフィーユだってそんなに名の知られたものではなさそうだから、まさかウィキペディアに載っているなんて思ってもみなかった。ひょっとするとこれは宣伝のために千葉県民が書いたんじゃないのかな?
地域振興を地名と結びつけてとなると、茗荷谷だったらミョウガで・・・となって、ミョウガが嫌いな私としてはちっとも嬉しくないことになる。地域振興がうまくいくかどうかはわからないけれど、千葉はミルフィーユでよかった。
[PR]
by roki204 | 2006-11-20 11:36 | 千葉のあれこれ

こどもの後ろ姿

3ヶ月健診で全然首がすわってなくて、「4ヶ月になってもすわらなかったら、また見せに来てください」と言われていたこども3号。もうすぐ4ヶ月になってしまう今、うつぶせにするとがんばってこれくらい首を上げるようになった。これなら大丈夫なのかな?
f0063923_127269.jpg

うつぶせにすると、いつもと違う景色が見えるし、いつもと感覚が変わるのもおもしろいらしく、3号は喜んでいる。何やらしゃべりながら、重たそうな頭をグッと持ち上げて、手足をもぞもぞと動かしている様子はとてもかわいらしい。あお向けで寝ているときに頭を左右に動かすせいでハゲてしまった後頭部も愛くるしい。

「こどもの後ろ姿の写真が好き」と言っていた人が私の身近なところにいたと思うんだけど、誰だったっけ? 私の父だったかな?
笑顔をこちらに向けている写真がかわいいのはもちろんのことだけれど、そう言われてみれば後ろ姿もなかなかいいものだ。背中を向けているということは、カメラを持ってそばにいる人を、ずっとそばにいてくれると信頼して安心しているのか、そんな人の存在を一瞬忘れてしまっているのか、どちらにしても別の何かに夢中になっている姿だから。
3号の場合、まだ動けないから夢中になってるも何もないんだけれど、1号も2号も3号も、そうやって夢中になれるものをたくさん見つけて、自分の世界を拡げていけるといいな。
あんまり夢中になりすぎてすっ飛んで行っちゃって、私が写真を撮る余裕もないくらいに走って追っかけまわさなくちゃならなくなるんじゃないかってことが、ちょっと心配だけどね。
[PR]
by roki204 | 2006-11-17 12:07 | こども3号

秋の庭で

お昼頃に保育園から電話があり、1号が結膜炎のようだから迎えに来てほしいと言われた。結膜炎は人にうつりやすいので出席停止になってしまうのだ。そういえば、私もちょうど今の1号と同じ年のとき結膜炎になって眼科に連れて行かれたことがあった。「眼科」という言葉を初めて聞いた私は、「ガンじゃないのにどうしてガン科に行くんだろう?」と不思議に思っていたっけ。
1号を迎えに行き、ついでに2号も一緒に連れて帰ってきた。すぐに眼科へ行きたかったけれど、あいにくその日は休診。じゃあ、天気もいいし、暖かいし、庭へ出て遊ぼうということになった。ベビーカーに乗せた3号も一緒だ。

1号は外へ出るとすぐに、シャベルで地面に絵を描いた。
「これ3号だよ」
とてもかわいらしく描けていた。そして2号と2人で落ち葉を拾い集め、3号の絵の服の部分に散らした。
「ふわふわのお洋服なの」

次は砂遊び。2人とも砂遊びが大好き。お団子を作っては、かわるがわる持ってきて、3号と私に食べさせてくれた。

それから縄跳び。1号は「♪郵便屋さんの落し物~」と歌っていた。ばあばに教わったのかと思ったら、保育園で先生が教えてくれて、年長さんたちがやっているそうだ。私も子どもの頃やっていたけれど、今でもやっているのか。

「なんだ、帰ってたのか」とじいじがやってきた。2人はじいじにまとわりつき、「鉄棒、作って!」と騒いでいる。前に作ってもらったものがあるが、1号の背が伸びてきたので、もっと高いのを作ってやろうとじいじが言っていたのだ。「じゃあ、木を伐ってくるか」とチェーンソーを持ち出すじいじ。「一緒に行くー!」とこどもたち。危ないので私もベビーカーを押してついていった。じいじが手ごろな木がないかと物色しているのを少し離れたところで見ていたが、時々間伐をしているらしく、伐った形跡がある。でも太い木は全部かかり木になっている。大丈夫か?
やっぱりじいじも危ないと思ったようで、そのときは伐るのをやめた。

次にこどもたちが目をつけたのはキウイ。とっていいよとじいじが言うので、2人は大喜びでキウイ狩り。
f0063923_15592374.jpg

いつも、我らが笠地蔵ことじいじが食べごろのものを玄関に置いてくれているので、私は知らなかったのだけれど、キウイはとても硬かった。これをリンゴと一緒に置いておくとやわらかくなっておいしく食べられるんだそうだ。

2人がキウイ狩りに飽きた頃、3号は眠くなって、おなかもすいてきたようだったので、一足先に家にあがった。3時のお茶の後も外で遊んでいた2人が帰ってきたとき、「ママー!」と呼ぶので玄関へ行ってみると、手にはサザンカを持っていた。きれいなのでテーブルに飾った。
f0063923_15595194.jpg

「♪サザンカ サザンカ 咲いたのね~」
2号はご機嫌で歌っていたけれど、ちょっと歌詞が違うよ。

普段は4時過ぎに保育園から帰ってきてからお茶をやっているので、その後では今の時季は暗くなってしまい、外で遊ぶ時間はほとんどない。休みの日には遊べるけれど、たいてい夫が一緒に遊び、私は3号と家にいる。だから、1号・2号とゆっくり外で遊んだのは久しぶりで楽しかった。2人も楽しそうだった。けれどそれに付き合わされた3号は、おかげでゆっくり昼寝もできず、そうとう疲れていたみたい。その夜から翌朝まで、あんまり眠り続けるので心配になった私が起こすまで、10時間半眠り続け、連続睡眠時間最長記録を更新した。
[PR]
by roki204 | 2006-11-11 16:00 | こどもたち

どんな顔?

会社に用事があったので、こども3号を連れて行った。3号の顔を見て、みんなが口々に言った。

「ママにそっくり! よく似てるねー」

1号も2号も私には似ていないので、似ていると言われるのは嬉しい。

「目がぱっちりしててかわいいねー」

そうでしょ、かわいいでしょ。ん? 私にそっくりで、かわいいってことは、私も・・・?

「気が強そうな顔してるなあ!」

ん? 私にそっくりで、気が強そうって・・・どういうこと?
[PR]
by roki204 | 2006-11-07 10:39 | こども3号

カエルの子は

保育園では3歳児以上は通園バッグを使うことになっている。1号には保育園に入っていくときくらいは持たせるようにしているが、あまり自分で持ちたがらない。私もちょうど今の1号と同じ年のときに保育園に通っていたけれど、通園バッグを自分で持つことはほとんどなく、いつも母に持ってもらっていた。だから1号がバッグを持ちたがらなくてもしょうがないか、と思う。
でも、私は「大人って大変だよな。自分の荷物だけでなく子どもの荷物も持ってあげなくちゃならないんだから」と思いつつも、母に感謝や労いの言葉をかけることはなかったのに、1号は違う。「ママ、持ってくれてありがとう」とか「ママってほんとに優しいね」とか、ときどきだけれど言ってくれる。1号のほうが私よりいい子だなあと思う。

保育園に入っていくと、先生が「1号ちゃん、2号ちゃん、おはよう」と声をかけてくる。でも1号も2号も何も言わない。私も保育園に通っていた頃、先生に挨拶をしていなかった。だから2人が何も言えなくてもしょうがないか、と思う。
でも、私はかなり無愛想な子どもだったからにこりともしていなかったんじゃないかと思うけれど、1号も2号も先生の顔を見てはにかんだようにニコっとしている。2人のほうが私よりましだよなあと思う。

こないだ2号が初めて大きな声で「おはよう」と言ったときは先生もびっくりしていた。そのときは「明日も『おはよう』って言う」と言っていた2号、確かに翌日は言っていたけれど、その後はまた何も言わなくなってしまった。私も一度だけとても大きな声で「おはよう!」と言って先生にびっくりされたことがあったけれど、それで気分がよかったとか恥ずかしかったというわけでもなく、翌日からはまた何も言わなくなっていた。ただの気まぐれ。だから2号がまた挨拶しなくなってもしょうがないか、と思う。
でも、私は1回しか挨拶しなかったけれど、2号は2回。2号のほうが私よりましかなと思う。

レストランで食事をするとき、いくつか並んでいる店の中からどこで食べたいかとこどもたちに聞くと、いつもおもちゃ付きのお子様ランチがある店を選ぶ。そういうおもちゃなんてすぐ壊れちゃうようなものばかりだし、お子様ランチはたいていあんまりおいしくない。私も子どもの頃、おもちゃ欲しさについついお子様ランチを注文してしまっていた。だから2人がお子様ランチを食べたがってもしょうがないか、と思う。
でも、私は運ばれてきたほかの人のものを見て、あっちのほうがおいしそうだったなあと後悔することがたびたびあったけれど、1号は満足げにお子様ランチを食べるし、2号は平気な顔をして自分の分は残して夫や私のお皿から食べたいものをもらって食べている。2人のほうが私よりうまくやってるなと思う。

実家に帰ったとき、やっちゃだめだよと何度も言ってあったことを2号がやった。すると母が言った。「やってみたかったんだからしょうがないよね。2号ちゃんのママも小さい頃そういうことばっかりやっていたんだよ」。そういう話をされちゃうとママの立場が・・・。
母の話はさらに続く。「1号ちゃんと2号ちゃんのママは私に怒られた後で私の似顔絵を描いたことがあったんだよ。すごーく怖い顔をして怒っていて、頭にツノが生えている絵。それで横に『オニ』って書いたんだよ」。その絵は、父がおもしろがってしばらく壁に貼っておいたらしいが、私はそんなこと覚えていない。1号がこないだ私に叱られたときに書いたのは、「まま おこってて ちょっと やだよ」という手紙だった。似顔絵に「オニ」って書くなんておもしろいけど、どっちがいい子かって言ったら、やっぱり私より1号だよなと思う。

こどもたちの、ちょっと困ったなあと思うようなところ、よくよく考えてみると私も同じようなことをやっていたんだし、どうやら私のほうがひどかったみたい。カエルの子は、ちょっといいカエルだった。
[PR]
by roki204 | 2006-11-06 11:04 | こどもたち

こども3号の成長記録:3ヶ月ちょっと

3ヶ月健診では体重6.2キロ、身長60センチになっていたこども3号。このサイズ、1号が4ヶ月のときとほぼ同じ。でも同じなのはサイズだけ。その頃、1号はすでに寝返りをコロコロやっていたけれど、3号はまだまだできそうにない。首もすわっていなくて、先生には「今はこんなもんでもいいんだけれど、4ヶ月になる頃にも首がすわってなかったら、また来てください」と言われてしまった。
でも、1号と比べては3号が気の毒というものだ。なんせ1号は何でも早くて、2ヶ月半で寝返り、5ヶ月ではいはいができるようになり、9ヶ月になってすぐに歩けるようになっていたのだから。あんまり早かったので、母子手帳にかいてあるとおりにできるようになっていった2号の発達がとても遅く感じられたっけ。3号は、2号よりさらに遅いかも。
そうは言っても、3号だってまったく動けないというわけではない。足を動かしているうちに、こんなふうに回転しているのだ。
f0063923_112952.jpg

前は頭も一緒に動いて、頭が布団から落ちていたけれど、重くなったせいか頭を中心に回転するようになってしまった。首も少しはしっかりしてきた。まだすわらないのは、どうもやる気がないからのような気がする。「今はそういう気分じゃないんだよね~」とカクーン、ペターンとなっているように見えるのだ。首がすわらないうちは抱っこも大変だけれど、まあそのうちできるようになるでしょう。というわけで、そのほかの3号の最近の様子を。

・よく笑うようになった。かわいらしいにっこり笑顔や大口開けてのバカ笑い。
・よくおしゃべりするようになった。こちらから話しかけたときだけでなく、独り言も多い。
・おしゃべりするときはにこやかな表情のときが多いけれど、ときどき眉間にしわを寄せていることも。愚痴ってる?
・おっぱいをあんまり吐かなくなった。
・吐かなくなったら、うならなくなった。ということは、うなり声は気持ち悪いってことだったの?
・おっぱいを飲みながら、ときどきこっちをじっと見る。「ママ、よそ見してない?ボクにおっぱいを飲ませることに集中してる?」と聞かれている気がする。本を読みながらやっているのがバレてる?
・お風呂が大好き。産まれたときから大好きで、生後1ヶ月くらいまではお風呂に入れるといつも気持ち良さそうに眠ってしまっていたけれど、今は嬉しそうに笑う。
・うんちは2日に1度くらい。なので、やるときは大量にやる。ムーニーの「ゆるゆるウンチポケット」でも止められず、背中のほうにもれてしまうこともしばしば(>_<)
・タオルなどをギュッと握って振り回したり、口へ持っていってあぐあぐやったりするようになった。
・連続睡眠時間最長記録は9時間!授乳間隔最長記録は10時間!シンジラレナイ

来週は産まれて初めての予防接種をする予定。ちょっと痛いけど、がんばろうね。
[PR]
by roki204 | 2006-11-02 11:29 | こども3号