甲状腺腫大の疑い(もう晴れた)

小学校の内科健診を受けて「甲状腺腫大の疑い」という結果をこども1号が持って帰ってきたのは、1ヶ月ほど前のことだった。
「甲状腺腫大」と言われても、甲状腺が大きいと言っているようだということがなんとなくわかるだけで、それがなんなのかはさっぱりわからない。首の辺りがちょっともたついているような感じはしていたけれど、ちょっと太めちゃんの1号なので、お肉がついているのかなくらいにしか思っていなかった。これを読んでくれている人たちに余計な心配をかけないために先に言っておくと、まあ、結果的にはほぼそういうことだったのだけれど(笑)
で、甲状腺腫大。甲状腺が大きくなるというのは、甲状腺の機能に問題がある病気の場合もあるけれど、機能には問題はなく、ただ大きくなるというのも思春期の女性には時々あるそうだ。まずはかかりつけの病院へ行き、こども病院への紹介状を書いてくれたので、そちらへ行って診てもらうことになった。
こども病院では、事前に持ってくるようにと言われていた母子手帳もチェックし、生まれてからこれまでの成長の様子を確認した。それから問診。おっとりとして優しい雰囲気の先生が、丁寧に説明をしてくれる。いろいろ話をしたところ、気になる症状は何もないので、甲状腺の機能には異常がないようだとのことだった。それから、超音波で甲状腺を見て大きさを測ってもらったら、標準的なサイズだった。首がもたついて見えるのは、脂肪や筋肉(1号は首の筋肉がけっこう発達しているらしい)のせいだそうだ。念のため、血液検査もすることになり、2週間後に結果を聞きに行くと、またしても丁寧に、図も書きながら、甲状腺刺激ホルモンや甲状腺ホルモン、その仕組みなどについて説明してくれた。あんまり丁寧だったので、異常があったのかな?と思ってしまったほど(笑)。結果として、何も異常はなく、学校の内科健診があるので経過観察のための通院も必要ないだろうということになった。めでたしめでたし。
ここで驚いたのは、私への説明が終わった後、先生は1号のほうへ向き直って、1号に向かって話しかけたこと。
「今、難しい話をいっぱいしちゃったけど、わかったかな。超音波で見せてもらったり、血を採らせてもらって調べたりしたら、どこも悪いところはなかったの。だから、薬を飲んだりする必要ももちろんないし、運動もしてもいいし、何ともないから大丈夫ってこと。でも、もしかしたら、また学校で健康診断をしたときに、病院で診てもらったほうがいいですよって言われちゃうかもしれない。言われないかもしれないけど、もし言われたら、そのときは、またお会いしましょう。」
最後に一言声をかけるなどというものではなく、1号にわかるようにちゃんと説明してくれたのだ。子どもだからと軽くあしらったりしなかったことが1号も嬉しかったようで、恥ずかしそうにうつむき加減でいたけれど、ちゃんと話を聞いて頷いていた。(「はい」ってちゃんと言ってほしかったのに!)
1号は“病院に行くのは面倒だけど、学校を早退してママと2人で出かけて、お昼御飯もファミレスで食べられるからいいこともあるな”くらいにしか思っていなかったようだけど、これで不安な気持ちもすっかりなくなり、元気いっぱい。なんともなくてほんとによかった。こども病院はまた行ってもいいかなと思うくらいいい病院だったけど、なるべく病院のお世話にならずに過ごせるといいね。
[PR]
by roki204 | 2010-07-07 00:14 | こども1号
<< うさぎのねぐせ チャタテムシ >>